ここから本文です

台湾でも人気の「ポケモンGO」 “聖地”にトレーナーが殺到し「ワールド・ウォーZのようだ」と現地メディア

ねとらぼ 8月24日(水)18時7分配信

 8月6日に「ポケモンGO」のサービスが始まった台湾で、早くもブームが加熱。カビゴンやカイリューといったレアポケモンが登場する場所に、大勢のプレイヤーが人波となって押し寄せる様が、YouTubeで注目を集めています。

【付近からも続々とプレイヤーが集結】

 レアポケモンに会える、いわゆる“聖地”となったのは、台湾北部の温泉地「新北投」にある北投公園。動画の投稿主による状況説明では、信号が青になるなり、プレイヤーが一斉に公園へ向かったとされています。交通ルールは守られているようですが、車すら群衆に押し流されそうな勢いで、けっこう不安。

 この事態は現地メディアも報道。数千人が集まる公園の様子を、映画「ワールド・ウォーZ」のゾンビになぞらえて伝えています。昼夜を問わず人が集まり、路上まであふれかえって車が立ち往生するシーンも。温泉地全体でも、史上最高の人出を記録しているそうです。

最終更新:8月24日(水)18時7分

ねとらぼ