ここから本文です

サーティワンアイス、国内生産の「オレオ」使用商品は来年春ごろまで提供見込み

ねとらぼ 8月24日(水)18時40分配信

 サーティワンアイスは自社のTwitterアカウントで、スタンダードフレーバー「オレオクッキーアンドクリーム」のオレオは、2017年の春ごろまで国内生産のものを提供することを明らかにした。

【オレオの行く末が気になる】

 「オレオ」の日本での販売を9月よりヤマザキナビスコからモンデリーズ・ジャパンが引き継ぐとのニュースを受けての発表で、「オレオクッキーアンドクリーム」や同じくオレオを使用した「オレオチョコレートケーキ」が9月以降どうなるのか心配する声を受けてのアナウンスとなった。

 モンデリーズ・ジャパンによると、新たな「オレオ」は日本人が好む味に改良されており、中国・北京にあるビスケット工場で製造されるとのこと。9月以降は順次ヤマザキナビスコ製の在庫が尽き次第入れ替わっていくと思われる。

 少なくとも来年春までは国内生産のオレオを使用した商品が販売されるが、同時に「来年春以降は終売になってしまう」のではないかと不安視するファンもいた。サーティワンアイスの担当者によると、「来年春以降はまだ決まっていない」状態で現段階では答えられないとのこと。

 なお、スタンダードサンデーの「オレオブラウニーサンデー」やオレオを使用したクレープについては、9月4日にて終売する予定だ。

最終更新:8月24日(水)18時40分

ねとらぼ