ここから本文です

KANIKAPILAマンスリー企画にSRAM、10代女子パワーで観客魅了

音楽ナタリー 8月24日(水)20時29分配信

KANIKAPILAが8月19日に福岡・専門学校九州ビジュアルアーツにてマンスリーライブイベント「HBライブvol.1」を行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「HBライブ」は昨年6月から今年3月までKANIKAPILAが行っていたマンスリーライブ「KANIKAPILA "HAKATA"BASE」の続編で、「博多で何かが始まる。」をキーワードにライブやトークを実施するイベント。KANIKAPILAがホストを務め、LinQのメンバーがレギュラー出演する。今回の公演ではLinQの派生ユニットであるSRAMが登場した。

KANIKAPILAとSRAMによる本イベントのテーマ曲からライブはスタート。続けてKANIKAPILAが「トラブルメイカー」「ノンフィクションガール」を披露し会場を盛り上げる。MCの船越きよしによるトークコーナーでは恋愛をテーマにKANIKAPILAとSRAMによる告白対決が行われ、10代らしい若々しい青春トークに観客の顔に笑みが浮かんだ。

後半のライブパートではKANIKAPILAとSRAMが「可愛いアノ娘」「ゴキゲンRADIO」「ハレハレ☆パレード」をコラボレーションし、10代の女子ならではパワフルなパフォーマンスを見せつける。ステージにはKANIKAPILAが残り、AOI(Vo、Perc)が作詞した新曲「熱ガール」、そして「コールミーベイビー」を披露。AOIがメインボーカルをとる「茜さす風」では悩める10代女子の心情を描いた切ない歌詞とメロディで観客を魅了した。その後バンドは新曲「ディスディネーションゲーム」「カラクリ乙女のLOVE仕掛け」とアップテンポなロックチューンを畳みかけ本編を終えた。

鳴りやまないアンコールに応えて再びステージに上った2組は、地元福岡の大先輩であるアンジーの「天井裏から愛をこめて」をカバー。ラストは藤井フミヤと藤井尚之が作詞作曲したKANIKAPILAのデビューシングル曲「イッちゃえ!I LOVE YOU!」を出演者全員で歌い上げ、大歓声の中「HBライブvol.1」の幕を閉じた。

なお「HBライブvol.2」は9月10日に専門学校九州ビジュアルアーツで開催される。

KANIKAPILA「HBライブvol.1」2016年8月19日 専門学校九州ビジュアルアーツ セットリスト
01. HBライブテーマ with SRAM02. トラブルメイカー03. ノンフィクションガール04. 可愛いアノ娘 with SRAM05. ゴキゲンRADIO with SRAM06. ハレハレ☆パレード with SRAM07. 熱ガール08. コールミーベイビー09. 茜さす風10. ディスティネーションゲーム11. カラクリ乙女のLOVE仕掛け<アンコール>12. 天井裏から愛をこめて with SRAM13. イッちゃえ!I LOVE YOU! with SRAM、船越きよし



KANIKAPILA「HBライブvol.2」
2016年9月10日(土)福岡県 専門学校九州ビジュアルアーツ<出演者>LIVE:KANIKAPILA / MYU(LinQ)/ 新木こころ(LinQ)MC:船越きよし

最終更新:8月24日(水)20時29分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。