ここから本文です

コンサート来場者、後日“はしか”と発覚 国際感染症センターが注意呼びかけ

ねとらぼ 8月24日(水)19時37分配信

 国立国際医療研究センター病院の国際感染症センター(DCC)が、Facebookで麻疹(はしか)に関する注意喚起をしています。8月14日に幕張メッセ(千葉県)で催されたコンサートに来場した男性が、兵庫県西宮市にて、19日にはしかと診断されたとのこと。他のコンサート参加者に感染した可能性が示唆されています。

【はしかの解説】

 14日の幕張メッセでは、ジャスティン・ビーバーのコンサートが催されていました。当該の男性は9日に39.1度の発熱、13日には全身への発疹といった症状が出ているなか、コンサートへ来場。13~15日の間に、東京と神奈川へも訪れていたそうです。

 はしかは感染後に10~12日の潜伏期間を経て発症。感染していた場合、24日から数日間は発症の恐れがあるということです。DCCは医療機関に対し、同時期に東京・千葉・神奈川へ出かけたワクチン未接種・未罹患者の受診に関し、2次感染予防を含めた対応をうながしています。

最終更新:8月24日(水)19時37分

ねとらぼ