ここから本文です

G菅野マジック許し「大事な試合落とした」 7回5失点で6敗目

デイリースポーツ 8月24日(水)23時25分配信

 「巨人3-7広島」(24日、東京ドーム)

 巨人・菅野智之投手(26)が先発し、7回5失点で6敗目(7勝)を喫した。3連勝しなければ自力優勝が消滅する、首位・広島との直接対決3連戦の2戦目を託されたエースだったが、広島打線を封じきれずマジック20の点灯を許した。

 初回から気合に満ちあふれる投球で、四回までは二塁を踏ませなかった。だが2-0の五回2死、安部の5号ソロで1点を返されると、六回に崩れた。

 先頭の、投手・福井に右中間二塁打を許すと、田中に右越え適時二塁打を放たれ同点。菊池の犠打を挟み、なお1死三塁。続く丸に打ち返された打球は大きく跳ね、一塁手・阿部の頭上を越える勝ち越しの右前適時二塁打となった。その後も2本の適時打を許し、この回4失点。絶対に負けられない一戦で相手にビッグイニングを作らせてしまった。

 菅野は試合後「福井さんにあそこ(六回)で打たれているようでは、話にならない。大事な試合を落としたことを受け止めて、次の試合で頑張りたい」と語った。

最終更新:8月24日(水)23時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。