ここから本文です

女性有名人と結婚する男性の覚悟とは…目指せ『一流の素人』

デイリースポーツ 8月25日(木)14時50分配信

 タレント・小倉優子の夫の美容師・菊地勲氏の不倫相手で、小倉と同じ所属事務所のタレント・馬越幸子が解雇された。今年に入り、高島礼子と高知東生被告など、女性の方が知名度が高い結婚での不倫が目立つ。ハイヒール・リンゴは著名な女性の結婚や結婚生活維持の苦労を語り、“知名度の高い女性と結婚する場合”の男性への覚悟の必要性を訴えた。

  ◇  ◇

 有名人の女性と結婚する人は覚悟が必要。ほんまにそう思います。結婚って男性は相手に癒しを、女性は尊敬を求めるんだと思う。だから、昔の女優さんは、監督と結婚することが多かったですよね(※1)。やはり尊敬できる方といえば、監督だったんでしょうね。

 いまは一人の女性として見てもらいたいから、浜崎あゆみさんもそうなのかと思いますが、外国の方と結婚する人も増えましたよね。外国人だと、日本での知名度は関係なく、一人の女性として扱ってくれる人が多いというから、やはりそっちの方になるのかな。有名人は日本人だとどうしても、一人の女性として見てもらいづらい。「女優の○○」「歌手の△△」と肩書付きで見られてしまうから。

 男性はビッグになればなるほど選ぶ対象が増えてくるのに、女性はビッグになればなるほど、逆に対象が減ってくる。自分が結婚しようと思う人が減るし、自分と結婚しようと思ってくれる人も減ってくる。若いころから結婚してたら別ですけどね。極めると難しくなるんですよ。有名な女性が結婚しようとすると、自分にない尊敬する部分を求めるから、難しくなる。成功した女性が結婚するのはホンマに大変です。

 もちろん、有名人と結婚するということは、自身も有名・対等な立場じゃないときは、裏方に徹する意識も必要。そういう意味で、相方のモモコの旦那さんである小林君(※2)のことは『一流の素人』だと思っている。モモコの状況もわかってるし。出すぎず、引っ込みすぎず、モモコをサポートしてくれる。たぶん彼がそうなるまでに、長い年月の間に、嫌なこともあったと思う。「モモコの旦那、モモコの旦那」と言われて…それでいまの身の処し方を導いたんだと思う。

 ある日、モモコがミナミを歩いていたら、浴衣祭りでホステスさんやお店の女の子が歩いているのに出くわしたらしいんですわ。その中のギャルな格好をした女の子から突然「あたし、この前あんたところの旦那と飲んだ~」と甘ったれた声で挑戦的に言われたらしいです。帰宅してから小林君に「あんたももうちょっと、飲みに行く店を考えや!私のことも考えて!」って言ったそうです。でも基本、小林君は“モモコの夫”という立場をよく考えて行動してる。感心しますわ。

 うちの旦那はただの素人です(笑)。ただの素人の感覚で、それこそホテルの部屋を出て行くときに、そのままで出て行こうとする。私はリンゴとして、きちんと片付けて整理して出るんですよ。汚くして出たといわれるのが嫌で。旦那はそんなの全然ないから素人ですよ。人に見られる仕事をしてる人の旦那という意識がない。テレビに出てないから、安心感もあるんでしょうけど。もうちょっと小林君のように『一流の素人』に近づいてほしいですね。

 それに昔と違っていまはネットが発達したから、すぐに何でも発信されてしまう。もちろん昔から身を慎んでましたけど、より慎まないといけない。夫がやったことはすぐに妻の評価につながりますからね。問題を起こす夫は一流になれてないんですよ。うちの旦那はテレビには出てませんけど「ホンマ、気をつけてな」って口を酸っぱくして言うてます。「テレビで偉そうに言うて、でもお前の旦那は○○やないか」って絶対言われますからね。

 でもうちの旦那にしたら「いやいや、たまたま嫁がテレビに出てるだけ。俺、関係ないやん」って。でも時代はちゃうねん!って。今なんてネットでつるし上げのような状態になるから。

 私たちのようなお笑いタレントでも大変なんだから、(イメージが大切な)女優さんやモデルさんなんか、もっと大変でしょ。そりゃ小倉優子さんとか大変ですよ。ある有名人と結婚した男性が「有名人と結婚した時点で、裏方なんです」と言うてはった。「もし何かしたら、嫁の足を引っ張ることになるから」って。

 でもね、有名人と結婚した女性も大変なんですよ。旦那も腹くくらなあかんけど。女性も腹くくらなあかん。有名人と結婚したら浮気とか心配もあるし、我慢せなあかんこともある。無名の人と結婚したら『一流の素人』に育てなあかんわけやないですか。そういう意味で小林君はホントすごいんですよ。それを見つけたモモコも素晴らしい。相手がどう育つかはわからないですからね。

 高島礼子さんが高知東生被告への第一声が「お疲れさま」だったそうですが、それ以外、言いようがない。私も第一声は「お疲れさま」しか言葉が見つからない。愛情はあっても、仕事のこととか考えたら離婚しかない。自分ひとりじゃなく、スタッフの生活もある。有名人と結婚してる男性はムッチャ大変。高島さんの場合は大麻や覚せい剤が加わってしまいましたが、普通に浮気だけでもすごいことになる。有名人の女性と結婚するには『一流の素人』になる覚悟が必要ということです。



※1 故・大島渚監督と小山明子、篠田正浩監督と岩下志麻、吉田喜重監督と岡田茉莉子、故・谷口千吉監督と八千草薫、故・伊丹十三監督と宮本信子、高橋伴明監督と高橋恵子など



※2 小林政仁氏。1993年、テレビのお見合い番組に出演し、結婚。モモコ一家の旅特番などでテレビにも出演。

最終更新:8月25日(木)15時25分

デイリースポーツ