ここから本文です

データ通信、通話、SMSの品質が優れているキャリアは?――RootMetricsがテスト結果を発表

ITmedia Mobile 8月24日(水)21時52分配信

 RootMetricsが、日本でNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信品質をテストし、その結果を8月24日に発表した。

【東京でのテスト結果】

 RootMetricsは、モバイル回線の性能を調査・分析をする企業。北米、英国、スペイン、フランス、スウェーデン、アイルランド、韓国で調査をしており、このたび、日本へ進出した。RootMetricsは2015年に調査会社のIHSマークイットに買収されており、ブランドを残す形としている。

 日本でも、第三者調査機関がモバイル回線の実効速度を調査・発表しているが、RootMetricsは単純な通信速度だけでなく、ネットワークの信頼性、通話、SMSなどの性能をテストし、科学的に分析することを特徴としている。分析結果は通信キャリアやインフラベンダーなどに販売するほか、テスト結果をもとにしたコンサルティングも行う。

 今回、日本では東京、横浜、札幌の3都市で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのネットワーク性能をテストした。調査した項目は「総合パフォーマンス」「ネットワークの信頼度」「ネットワークスピード」「データ通信」「通話」「SMS」の6項目。

 ネットワークの信頼度ではダウンロード/アップロード、メール/Web/アプリのアクセスが成功したかどうかなどを測る。ネットワークスピードではダウンロード/アップロードの接続時間やスピード、メールの接続/完了時間、Web/アプリの接続やダウンロード時間などを測る。SMSではテキストの送信失敗がどれだけ起きたか、通話では通話障害や通話切れがどれだけ起きたかを測る。データ通信はネットワークの信頼度とネットワークスピードを合わせた結果、総合パフォーマンスはほか5項目を合わせたトータルの結果となる。

 IHSマークイット RootMetrics 最高売上責任者のスコット・ブレディー氏は「屋内、屋外、車の走行中や交通渋滞の時、ランチタイム、夜ビデオを見ている時間帯など、消費者と同じように行動してテストをする。時間帯も日中から夜までをカバーしている」と、実際の利用シーンに即してテストしたことを強調する。テスト場所も空港、商業施設、交通機関、小売店、キャンパスなど多岐にわたる。

 日本では2カ月間にわたって2896回テストし、テストサンプル数は6万9510、走行距離は4164km、テスト地点は158に及ぶ。端末は3キャリアとも「Galaxy S6 edge」2台を使用した。日本で特に利用者の多い「iPhone」については、「APIがロックダウンされていて測定アプリが使えない」(ブレディー氏)ため、現時点ではRootMetricsのテストはできない。

 テストによって得られた何百万というデータを、「RootScore」という数値に落とし込み、0~100のスコアを出す。スコアが高いほど優れていることを示す。

 テスト結果は以下の通り。

 東京・横浜ではソフトバンクが最多の6項目で1位を獲得し、総合ではドコモとソフトバンクが1位となった。札幌ではKDDIが最多の4項目で1位を獲得し、総合ではドコモとKDDIが1位となった。ダウンロード速度はソフトバンクが安定して30Mbps以上を出しており、上りは3地域ともKDDIが最下位となった。

 ご覧の通り、東京、札幌、横浜のいずれも3キャリアの数値は拮抗(きっこう)している。RootMetricsが「誤差の範囲」と判断した場合は点数が異なっても同率で1位とし、多くの項目で複数キャリアが1位になっていることもあり、一概に「ここが一番」とは言いにくい。ブレディー氏は「日本では3都市でしかテストをしておらず、都市以外でテストをすると、同率1位は起こりにくくなって明確な差が生まれる」と話す。

 また数字を見ても分かる通り、3キャリアとも全ての項目で90点台をたたき出している。日本のスコアはRootMetricsがテストを行っている他国と比べても優秀だが、ブレディー氏によると、韓国だけは日本よりも高いスコアを記録したという。

 今回のRootMetricsのテスト結果からは、都市部においては、3キャリアとも高品質の通信サービスを提供していることが、あらためて分かった。その他の地域でのテストについても「大都市以外の避暑地など、さまざまな場所を検討している」(ブレディー氏)とのことで、今後のテストでどれだけ差が出るのかに注目したい。

最終更新:8月24日(水)21時52分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]