ここから本文です

「キン肉マン」悪魔六騎士・ジャンクマンのあの腕がクッションになって登場

コミックナタリー 8月24日(水)22時2分配信

ゆでたまご原作のアニメ「キン肉マン」に登場するジャンクマンの腕を模したクッションが、バンダイ公式ショッピングサイト・プレミアムバンダイより発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ジャンクマンは「キン肉マン」に登場する悪魔六騎士の1人。両腕がスパイク付きの板のような形をしている超人で、ロビンマスクやペインマンと激闘を展開した。その腕をかたどった「ひとやすみ腕枕(アームピロー)クッションジャンクマン」は、クッションに空いた穴に使用者の片腕を入れることで、そのキャラに腕枕をされている気分が味わえる「ひとやすみ腕枕(アームピロー)クッション」シリーズから登場したグッズ。2つ購入して両腕に装着することでジャンクマンの必殺技「ジャンククラッシュ」も再現可能だ。

同シリーズの第1弾として特撮ドラマ「ウルトラマン」からバルタン星人、アニメ「機動戦士ガンダム」からアッガイのクッションも同時に発売され、価格はいずれも4320円。プレミアムバンダイでは本日8月24日から9月26日23時まで予約を受け付け、商品は11月に届けられる。

(c)円谷プロ (c)創通・サンライズ (c)ゆでたまご・東映アニメーション

最終更新:8月24日(水)22時2分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。