ここから本文です

鈴木奈々「命懸けで頑張りたい」と雨を静止させるイリュージョンに挑戦

Movie Walker 8月24日(水)20時4分配信

巨悪を暴き、世間に還元するイリュージョニスト犯罪集団“フォー・ホースメン”が活躍する映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(9月1日公開)のプレミアイベントが、8月24日に品川ステラボールで開催。日本版フォー・ホースメンの1人を務めた鈴木奈々が、新子景視ら気鋭のマジシャン3人の猛特訓を受け、カードのマジックや、雨を空中で止めるイリュージョンに挑戦した。

【写真を見る】鈴木奈々の健康的な美脚に注目!

日本版フォー・ホースメンを結成したのは、マジシャンの新子景視、テツヲ(ROUTE13)、Magura(マグラ)と鈴木の4人。まずは新子が、相手の頭の中を読む“ブレインダイブ”を披露し、会場を沸かせる。鈴木は「3人がカッコ良すぎて。心が揺れそうになるくらいイケメンの方たちが優しく教えてくれました。命を懸けて頑張りたいと思います」と気合十分だ。

鈴木が最初にトライしたのは、意中のカードを剣で刺すマジック。これを見事に成功させ、大喜びする。新子は鈴木について「かなり頑張られていました」とねぎらい「緊張していましたけど、選んだカードを射止めることができたので大成功。今日からチームの一員としてやっていきたいと思います」と太鼓判を押した。

最後に、雨粒を静止させるという難易度の高いイリュージョンにトライした鈴木だが、なかなか成功しない。そこで今度は、新子たち3人と共に再度トライすると、見事に雨が空中で止まった。鈴木は「大成功して良かったです。みなさんで信じた結果だと思います」と安堵の笑みを浮かべた。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:8月24日(水)20時4分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。