ここから本文です

松岡茉優『聲の形』で熱演!声優・早見沙織とのケンカシーン「大好き」と意気投合

Movie Walker 8月24日(水)20時7分配信

大今良時のベストセラーコミックを京都アニメーションが映画化した『映画 聲の形』(9月17日公開)の完成披露上映舞台挨拶が8月24日に丸の内ピカデリーで開催され、早見沙織、松岡茉優、山田尚子監督が登壇。主人公の少年期役として声優に挑戦した松岡が、早見演じるヒロインとのケンカシーンについて、秘話を明かした。

【写真を見る】松岡茉優、カーキのシャツに真っ赤なスカートで登場。早見沙織はふわりとしたワンピース姿披露

本作は、ガキ大将の少年・将也と、耳の不自由な少女・硝子が出会い、様々な体験を通して成長していく姿を描く青春ストーリー。TVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を獲得した山田尚子が監督を担う。

硝子役の早見は、「幼少期の硝子と将也がぶつかり合って、お互いの心を伝え合うシーンがあって。全然言葉になっていないんですが、そこには確実に伝わってくるものや、伝えたい気持ちがあって。これがきっと『聲の形』の核になっているものなんだと思った」と2人が本気でぶつかり合うケンカのシーンについて、思いを吐露。

すると松岡も「私もそのシーンが大好き」と大きくうなずく。「お互い何を言っているかわからないけれど、すごく2人が通じ合っている」と続けると、早見は「すごく素敵で。うわー!って思った」、松岡も「うわー!って思いました」とお互いの演技に刺激を受けたことを楽しそうに述懐した。

さらに松岡は「うわー!ってなりすぎて泣きながらやっていたら、その後の大事なセリフで声が出なくなっちゃって」と告白。早見も「私もです!」と渾身のシーンについて、同じ思いを分かち合っていた。

また、早見は「根底にあるのは人と人とのぶつかり合いや、伝えたいけれどなかなか伝えられないもどかしさ。もがいている部分を描いている作品」と作品に感じた魅力を語り、「硝子ももがいているけれど、何かを伝えようと一生懸命に生きている女の子」とコメント。松岡は「初めて見たときはいじめっ子でどうしようもないと思った」と将也の第一印象を明かし、「でもずっと向き合っていると、無垢で純粋で愛すべき存在だとわかった」それぞれが演じた役柄を愛情たっぷりに話した。

山田監督は「人と人が対等に向き合うことを大事に描きたいと思った」と言い、「希望の兆しを心にともせるような作品になればと、愛を込めて作った」と晴れやかな笑顔を見せていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:8月25日(木)6時36分

Movie Walker