ここから本文です

5人でフェス出演決行のばってん少女隊に、KEYTALK小野がエール

BARKS 8月24日(水)12時48分配信

ばってん少女隊が、8月21日に行われた<WILD BUNCH FEST.2016>の山口きらら博記念公園 多目的ドーム内公開ラジオブースステージにてパフォーマンスをおこなった。

◆ばってん少女隊 ライブ 画像

現在、フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』のエンディングテーマ曲としてオンエアされているシングル「よかよかダンス」(9月14日発売)のリリースツアーと、夏のイベントにて、キュートでポップなダンス・ロック&キレのあるダンス・パフォーマンスが話題を呼んでいるばってん少女隊。

彼女たちにとって、ロックバンドがひしめく大型フェスへの参加は今回が初めてであった。そんな中、リーダーの上田理子が体調不良のため本番直前に出演を中止、残りのメンバー5人でのパフォーマンスとなったのである。

ギリギリの状況でのライブを繰り広げる中、「よかよかダンス」を披露する際、同フェスに出演でライブを終えたばかりのKEYTALK小野武正が客席に現れメンバーたちに熱いエールを贈るというサプライズが。するとパフォーマンスも客席もさらにヒートアップし、大いに盛り上がりをみせた。ばってん少女隊の真骨頂であるスカコアを基調とした楽曲を中心に、初のロックフェスで全9曲約40分に及ぶステージを完走。リーダーは不在。会場にいるロックファンたちにも、タフな彼女たちの姿を届けることができたはずだ。

【セットリスト】
2016年8月21日
WILD BUNCH FEST.2016
山口きらら博記念公園多目的ドーム内公開ラジオブースステージ

M1.ばってん少女
M2.アツか夏きたばい!
M3.よかよかダンス
M4.でてこい とびきり ZENKAIパワー!
M5.知っとっちゃん
M6.フレッ!フレッ!フレンズ
M7.君の手
M8.夢のキャンバス
M9.おっしょい!

最終更新:8月24日(水)12時48分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。