ここから本文です

松岡茉優、「聲の形」アフレコ振り返り「入野自由さんの声を聞けたからできた」

映画ナタリー 8月24日(水)22時33分配信

「映画『聲の形』」の完成披露上映会が、本日8月24日に東京・丸の内ピカデリーにて行われ、声優キャストの早見沙織と松岡茉優、監督の山田尚子が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、大今良時の同名マンガを京都アニメーションが映画化した人間ドラマ。高校生の石田将也と、5年ぶりに再会した聴覚障害を持つ少女・西宮硝子の交流を描く。早見が硝子に、松岡が少年時代の将也に声を当てた。

ステージに現れた3人は、お互い親しみを出すために松岡を“まっつん”、早見を“はやみん”、山田監督を“なおべえ”とあだ名で呼び合おうと舞台裏で約束してきたことを明かし、観客を笑わせる。早見は「作品の根底にあるのは人と人とのぶつかり合い。伝えたいんだけどなかなか伝わらないもどかしさや、もがいている部分を描いています。最終的には心に希望が残る作品になればと、監督……あ、なおべえとお話させていただきました」と明かした。

また松岡は、小学生時代の将也について「いじめっ子でどうしようもなくて、なんでそんなことするんだよって思ってました」と吐露。しかし「ずーっと将也と向き合っていると、無垢で純粋ですごく愛すべき存在だとわかって。作品に出てくるキャラクター、はじめは全員苦手だったんですけど、観終わったら大好きになりました。それって普段の人間関係とも似ていて。最初から全員のこと大好きって思えないし、私のことを嫌いって人もたくさんいると思うけど、この映画を観たあと、隣にいる人のことを好きだなって思えるような気がしております」と語った。

続いて成長した将也役の入野自由からのビデオメッセージ上映が。松岡は、「入野さんとはアフレコ現場で一瞬だけお会いできたんですが、その一瞬がかけがえのないものになりました。私自身は感じていなかったんですが、入野さんにお会いしたあとに録った私のシーンが、監督の中で腑に落ちたそうで。入野さんの声を聞けたからできたんだなって」と思い出を振り返る。山田も「(小学生の将也と高校生の将也が)1人になったんです。“入野将也”と“松岡将也”が奇跡的な出会いをしているなと感じた」とコメントした。

また会場では、主題歌を担当したaikoの手紙も読み上げられた。イベントの終盤、松岡は「いよいよ皆さんのもとに『聲の形』が届くのが待ち遠しいです。この映画を観て、私は自分のことも許せたし、周りのことも許せたし、明日を生きるのが楽しみになりました。すごく楽しく、あったかくて、愛の詰まった映画だと思っています」と、早見は「ふんわりした優しい絵柄と優しい音楽に包まれる映画で、しかし内容は柔らかいようで非常に鋭利だと思います。観ていていろいろ胸に刺さる部分もありますし、自分が封印してきた思い出箱みたいなものをこじ開けられるところもいっぱいあります」と作品をアピールした。

「映画『聲の形』」は9月17日より全国ロードショー。

aiko メッセージ
本日は映画「聲の形」完成披露上映会にお伺い出来なくて本当にごめんなさい。aikoです。私は「聲の形」が大好きです。漫画を読んで感動して、そのままライブで1冊分のあらすじを話してしまうほどこの漫画が大好きすぎたんです。そんな大切な「聲の形」の映画の主題歌のお話をいただけるなんて正直意味がわからないというか、嘘なんじゃないかと最初は思ってしまいました。スタッフの方に「本当に決まったよ」と改めて聞いた時はとてもとても嬉しかったです。「恋をしたのは」は愛する人を想う心の底にある誰にも言えない位揺るぎない強い想いを書きました。心の中は計れないし、痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じる事は出来ないからこそ、想う強さを書きたかったんです。硝子と将也、そして周りの仲間は私の憧れです。少しでもいいから「恋をしたのは」が「聲の形」の映画の道端で咲いていられる花になれたらいいなと願っています。主題歌を歌わせて頂き本当にありがとうございました。aiko



(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

最終更新:8月24日(水)22時33分

映画ナタリー