ここから本文です

ダフト・パンク、ザ・ウィークエンドとスタジオ入り

BARKS 8/26(金) 20:51配信

ダフト・パンクが最近、ザ・ウィークエンドとスタジオに入り、セッションを行なったようだ。

◆ダフト・パンク画像

Republic RecordsのチーフA&RのWendy Goldsteinは、『Billboard』誌のインタビューで一緒に仕事をしたいアーティストは誰かと問われると、こう口をすべらせたという。「実は、2日後にセッションがあるのよ。ザ・ウィークエンドとダフト・パンクのね」

また、ザ・ウィークエンドも先週、コメントは付けていないが、ダフト・パンクのフィギュアがスピーカーに腰かける写真をFacebookに投稿していた。

ザ・ウィークエンドの新曲をプロデュースするのか、彼をフィーチャーした自分たちの新曲を作るのか、どちらにしろ、久々のダフト・パンクの仕事となる。

ダフト・パンクの最新アルバム『Random Access Memories』(2013年)ではファレル・ウィリアムス、ナイル・ロジャース、ジョルジョ・モロダー、ザ・ストロークスのジュリアン・カサブランカス、トッド・エドワーズ、パンダ・ベアらをフィーチャーし、フランス、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど世界各国で1位に輝き、グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーと最優秀ダンス・エレクトロニカ・アルバムを受賞した。

Ako Suzuki

最終更新:8/26(金) 20:51

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]