ここから本文です

【インタビュー】Rayflower短期連載第一弾、都啓一が語る「今が僕らのBloom Moment」

BARKS 8月24日(水)13時13分配信

Rayflowerが8月24日、初のライヴCD『TOUR 2015~Color & Play~@品川ステラボール』をリリースすることに加え、ツアー<Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~>初日公演の火蓋を切って落とす。バンドサウンドが生身をさらす“ライヴ”を題材に、メンバー個々の実績に裏打ちされた圧倒的なテクニックを有するバンドの魅力を改めて解き明かすべく、パーソナルインタビューを5週連続でお届けしたい。

◆都啓一 (Rayflower) 画像

都啓一 (Key) を筆頭に、Sakura (Dr) 、IKUO (B) 、YUKI (G) 、田澤孝介 (Vo) とスーパーミュージシャンが結束したRayflowerのライヴの凄さ、迫力、熱量がまんまパッケージされたのが2枚組ライヴアルバムだ。「スーパーバンドと評価されるのは嬉しいけれど、テクニックよりも楽しさや感動を共有できるライヴ空間をオーディエンスと共に作り上げることがいちばん」と言うリーダーの都がパーソナルインタビューのトップを飾り、Rayflowerのバンド然としたアティチュードとその魅力を語り尽くす。

   ◆   ◆   ◆

■ライヴと音源、その距離が近い形でパッケージされている
■今のRayflowerのベスト盤として聴いてもらってもいい

──初のライヴアルバム『Tour 2015 ~Color&Play~@品川ステラボール』はRayflowerのライヴ力がダイレクトに伝わってくる作品になっていて、田澤さんのヴォーカル力はもちろん、各メンバーの神技的なプレイが炸裂しています。最近は映像がメインでライヴアルバムを発売するバンドは非常に少ないですが、こういう形態にしようと思ったのは?

都:僕らもライヴDVDはリリースしているんですけど、もっと気軽に音源を持ち歩いて聴いてもらいたかったというのがひとつの理由ですね。それと前回のツアーはRayflower初のフルアルバム『Color&Play』を発売してのものだったので、映像という形だけではなく音源で残しておきたいという気持ちもありました。

──ライヴや映像は視覚と聴覚が同時に刺激されて入ってくるじゃないですか。聴覚だけでライヴを想像しながら聴くと、よりRayflowerのポテンシャルの高さに圧倒されるんですよね。

都:僕ら、まだベストアルバムを作るほど多くの曲をリリースしているわけではないんですけど、今回のライヴアルバムは2枚組で全20曲収録されているし、ライヴはライヴ、音源は音源、の良さがありつつ、その距離が近い形でパッケージされているので、今のRayflowerのベスト盤として聴いてもらってもいいのかなと思いますね。

──選曲も含めてRayflowerの5年間のヒストリーが感じられるし?

都:そうですね。入り口としてここから聴いてもらっても伝わるものになったんじゃないかと。

──Rayflowerはスーパーミュージシャンの集まりとして始まったのが、月日を経ていく内にどんどんバンドになっていったという印象があります。都さんはRayflowerをどんなふうに捉えているんでしょうか?

都:確かに昔から知っている同じ釜の飯を食った仲間ではないし、年月でいうと浅い付き合いのメンバーもいるんですけど、濃い時期を一緒に歩んでいると思いますね。『Color&Play』のツアーが終わってからも対バンイベントを企画したり、コンスタントにライヴをやっていたので、今回のツアーのリハーサルでもメンバーから“もっとこうしよう”、“ああしたらどうだろう”って、たくさん意見が出てくるんですよ。客観的に見てもバンドとしてすごく成長してるなと思いますね。

──2009年の結成当初は今のようなバンドになるとは想像してなかった?

都:そうなりたいなという希望はありました。最初はアニメのタイアップが決まった上でのスタートだったので今のような在り方とは違うんですが、当時から音楽好きが集まって一緒にやろうっていうノリはあったんです。それが『Color&Play』を出してツアーを廻ったことでメンバーの意識がRayflowerに向かってひとつになったなと。フルアルバムをリリースしたことによって一緒にやる楽しさ、面白さをメンバーが共有できて、「次、こういうことやってみたい」って誰かが言うと「面白そう! やろうか」って反応が返ってきたり。そういうバンドの関係性や空気感はライヴを見にきてくださっているみなさんも感じ取ってくれていると思うんです。そんな今の自分たちをパッケージしたのが今回のライヴアルバムですね。

──これだけの多忙な実力派が集結して、バンドになっていくという過程は滅多にないことだと思うんです。

都:この前メンバーとも話したんですけど、凄腕のメンバーとかスーパーバンドと言われるのはすごくありがたいんですが、僕らは自分たちのことをそうは思っていないんですね。ただ、なぜ、そう言っていただけるのか考えてみたら、スーパーと言えるのはライヴの対応力なのかなと。

──というと?

都:例えばライヴ中に何かトラブルが起きて「ゴメン、曲、止めてもいい?」っていう言い方ひとつだったりとか、不測の事態が起こってもその場の空気を途切れさせないとか。仮にチケット代が5,000円だとしたら、どういうことがあろうとそれ以上のライヴをして楽しませる。その中にプレイで惹きつける部分も含まれているだろうし、楽曲もパフォーマンスもMCも全部ひっくるめて「これがRayflowerのライヴです!」って見せて聴かせることに関してはスーパーバンドなのかなと思います。そういうバンドだということが見えてきているのも僕はRayflowerの成長だと思うんですよ。評価していただけることに関しては「ありがとうございます」という気持ちですけど、スーパーバンドだって言われて、「そうですね」とか「いや、そんなことないですよ」って思うだけでは、まだ自分たちのことを理解できていないというか。だって僕らより上手い人たちはたくさんいますからね。

■特にキーボードっていちばん地味に見える
■パイオニアでありたいという意識は昔からありますね

──なるほど。スキルがあって全員が主張しているのにお互いを活かしあっている絶妙のバランスがRayflowerだと思うんですよ。都さん個人がRayflowerのステージでキーボードを弾いていて刺激を感じる点というのは?

都:僕の場合はメンバーに預けられるところですね。例えば音が薄くなって、“ここで俺が行かなきゃ”って弾くことも以前はあったんですけど、Rayflowerの場合は主張しなくてもちゃんと成り立つんです。俺が騒がしく弾きまくっている時でも田澤くんのヴォーカルは絶対抜けて響いてくると思っているので、そういう意味でも任せられますね。キーボードという楽器の性質上もあるのかもしれないですけど、若干、客観的に見ているかもしれないです。例えば「今、ローが少ないな」と思ったら低い音を出して補ったりとか。だから、メンバーみんなに「どうぞどうぞ」って感じですね。

──とは言え、ショルダーキーボード持って前に出ることもあるし、ソロも弾きまくってるじゃないですか(笑)。押し引きのバランスを考えつつ。

都:それは考えてますね。でも、キーボードやドラムっていちばん後ろにいる楽器ですし、特にキーボードっていちばん地味に見えるんですよね。他の楽器に比べたらアクションしづらい。僕は派手に動くから、そう思わないかもしれないですけど。

──地味どころか派手な印象しか都さんには持っていません(笑)。

都:はははは。けど、最近の若いミュージシャンは派手に動く人、多いですよね。自分で言うのもアレですけど、僕のライヴに影響を受けたっていう人も増えてきているし。

──やっぱり。

都:「そんな派手やったのかな」って(笑)。でも、パイオニアでありたいという意識は昔からありますね。ライヴアルバムに話は戻りますけど、「今、ライヴ盤ってニーズがあるの?」とか、いろいろな意見はあると思うんですよ。でも、僕は今の時代だからこそ生を感じるものを音源としてリリースしたかったんです。勇気がいることだけど、先頭を切ってやりたいと思っていて、逆に言うとそういう挑戦を避けるからCDが売れなくなる。このライヴ盤の良さが伝わったら、出す人が増えると思いますよ。

──ライヴバンドならリリースしたいですもんね。Loppi・HMV限定盤はツアーのドキュメンタリー映像も収録された3枚組となっていますが、こちらの見どころは?

都:これまでRayflowerは2本の映像作品を出しているんですけど、MCも省いていたんですよ。今回はツアー各地のライヴのもようを定点カメラで撮った映像やリハーサルシーンだったり、楽屋の風景、移動の様子、打ち上げでの乾杯シーンも入っているので、「こんな雰囲気で廻ってたんだ」って垣間見れるものになっていると思います。

──それは貴重ですね。

都:なので前回のツアーを見た人は「私が観に行ったのはここだ!」って思い出が蘇ると思います。実際、僕もいろいろと思い出したし。それとジャケットにも注目してほしいですね。木村タカヒロさんに描いてもらったんですが。

──都さんのリクエストで実現したんですか?

都:はい。昔から仲が良くて木村さんはキムスネイクとして有名ですけど、それ以外の絵もいろいろ見せていただいていて、いつか一緒に仕事したいねっていう話をしていたんです。そしたら、Rayflowerのライヴを観に来てくれて、いたく感動していただいたので、チャンスだと思ってお願いして(笑)。木村さんは『Color&Play』のジャケットの写真とライヴを見たときの印象が全然違うのにビックリしたらしく、自分が受けたイメージでこの絵を描いてくれたんです。正直、最初に絵を見た時は度肝を抜かれて「すごく良いな」と思ったのと同時に「どんな反応が来るんだろう」って期待と不安があって。

──Rayflowerの写真にはモノクロームなイメージがあるけれど、このジャケットは色鮮やかですもんね。

都:そうですね。でも、手にとってパッケージを開いたときに凄いと思ったし、Rayflowerのライヴの躍動感がちゃんと詰め込まれている絵で。

──確かに。花も描かれているし、生命力があって艶やかさがありますね。

都:そうなんです。今回のライヴアルバムと連動したツアーを象徴するアイテムになったなって。音源、ライヴ、ジャケット、いろんな点と点がうまく繋がったらもっと多くの人に見て聴いてもらえるかなと思いました。

■ツアー<Bloom Moment>では新曲も演奏します
■今までとは作り方が全く違うんですよ

──さっきスーパーバンドという話もしましたけれど、それでいて楽曲が親しみやすく、キッズのようなロック魂を持ちながら大人の色気も兼ね備えている。何層にも楽しめるのがRayflowerの魅力ですからね。

都:ありがとうございます。年齢的には若くはないけれど、音楽に対する姿勢は変わっていないですからね。今も音を出している時は楽しいし、ライヴが終わって打ち上げに行くのも昔と変わらないし(笑)。だから、自分たちのハードルは上げたくないんですよ。ライヴは楽しいし、面白いし、感動することもあるし。“俺たち上手いからさ”っていう気持ちではやっていないし、“俺が俺が”っていう時期を超えていい意味で1周も2周も廻ってきたメンバーが集まっているバンドだから、オーディエンスと一緒に楽しい空間をつくりましょうっていう気持ちです。遊びに来てくれたら絶対に損はさせない。そこがスーパーなのかもしれない。

──そんなRayflowerのツアー<Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~>はどんな内容になりそうですか?

都:今回のツアーでは未発表の新曲を演奏する予定なんですが、今までとは作り方が全く違うんですよ。以前は作曲者がほぼアレンジも決めて、そこに各メンバーが味付けをしていくスタイルだったんですが、今回、僕が作ったデモは鍵盤でのコード進行とメロディしか入れなかった。それを叩き台にしてリハーサルスタジオで合わせた曲なので全員の意見が取り入れられているんです。

──あえて、完成させないで持っていったんですよね。それは今のタイミングだからこそ?

都:それはあります。前回のツアーを踏まえてさらにバンド寄りのスタンスになっていますね。

──バンドでの化学反応が生まれた新曲もありつつ、ライヴアルバムが軸のセットリストで、品川ステラボールから1年の時を経て、さらに進化したRayflowerが見られるわけですね。

都:そうなると思います。前回のツアーではできなかった曲もやるし。

──ツアータイトルが“開花の瞬間”という意味なので、花開くRayflowerが見られるライヴになるのかなと。

都:Rayflowerの歴史とまでは行かないかもしれないですけど、スタートから現在までのいろいろな出来事を振り返ってみると“今がBloom Momentなのかな”と思うんですよね。ライヴアルバムもありつつ、新曲も演奏するので、新たなスタートとか新章とかいろんな言い方がありますけど、Rayflowerには“Bloom Moment”という言葉が似合っているかなって。

──では最後に、都さん自身がRayflowerのライヴを通じてメッセージしたいと思っていることは?

都:重い話をするわけじゃないですけど、それぞれ、いろんな人生があって、Rayflowerもスタートした頃はなかなかライヴができなかった時期もあったし、この2~3年でやっとツアーが廻れてバンドらしい動きができるようになったので最近知った人も多いと思うんですよ。ライヴアルバムのことを冒頭でベスト盤みたいな作品って言いましたけど、まだまだバンドとしては若いし、まだまだたくさんの景色を見ていきたいし、Rayflowerを通じていろいろな人と出会いたいんですね。僕自身は今、Rayflowerをやれてとても幸せなので、おこがましい言い方かもしれないですけど、少しでもお裾分けできたら。

──幸せな気持ちを共有するというか。

都:そうですね。さっきも話したように楽しいのがいちばんですから。ぜひ素晴らしい5人が演奏している姿を観にきてください。

取材・文◎山本弘子

■ライヴCD『TOUR 2015~Color & Play~ @品川ステラボール』
8月24日リリース
【通常盤・2CD】LNCM-1156~7 3,800円+税
【Loppi・HMV限定盤・2CD+DVD】LNZM-1153~5 5,800円+税
*デジパックパッケージ仕様(通常盤、Loppi・HMV限定盤 共通)
●CD収録内容:バンドとして更なる大きな飛躍を遂げた<Rayflower TOUR 2015~Color&Play~>より、2015年11月6日(金)品川ステラボールでのLIVE全20曲を完全収録
●Loppi・HMV限定盤 DVD収録内容:全国9都市にて行われたTOUR 2015 ~Color &Play~ライブ映像も織り交ぜたファン必見のドキュメンタリー作品

■<Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~>
2016/08/24(水)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
18:30open/19:00start ※SOLD OUT
2016/08/27(土)名古屋E.L.L
17:15open/18:00start
2016/08/28(日)大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
16:45open/17:30start
2016/08/30(火)岡山 IMAGE
18:30open/19:00start
2016/09/01(木)福岡 BEAT STATION
18:30open/19:00start
2016/09/06(火)金沢 AZ
18:30open/19:00start
2016/09/07(水)長野 CLUB JUNK BOX
18:30open/19:00start
2016/09/21(水)仙台 darwin
18:30open/19:00start
2016/09/28(水)神戸 チキンジョージ
18:30open/19:00start
2016/09/29(木)京都 MUSE
18:30open/19:00start ※SOLD OUT
2016/10/13(木)札幌 cube garden
18:30open/19:00start
2016/10/20(木)東京 赤坂BLITZ
18:00open/19:00start
▼チケット
スタンディング前売:¥5,000-/当日:¥5,500- (税込)
※入場時ドリンク代別途必要 ※未就学児入場不可
一般発売:2016/6/26(日)AM10:00~

■ライヴCD『TOUR 2015~Color & Play~ @品川ステラボール』リリース記念イベント
08/26(金)19:30~ 名古屋 HMV栄店/トーク&握手会
08/29(月)19:30~ 岡山 HMVイオンモール岡山/握手会
08/31(水)19:30~ 福岡 HMV&BOOKS HAKATA/トーク&握手会
09/20(火)19:00~ 仙台 HMV仙台 E BeanS/トーク&握手会
09/27(火)19:30~ 兵庫 HMV三宮VIVRE/トーク&握手会
10/12(水)18:30~ 札幌 音楽処/トーク&握手会
10/17(月)19:00~ 東京 HMV&BOOKS TOKYO/トーク&握手会

最終更新:8月24日(水)13時13分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。