ここから本文です

【MLB】前田が5回3失点で今季13勝目、好調ドジャース打線が援護

ISM 8月24日(水)16時0分配信

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が現地23日、地元で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発登板。5回を投げて6安打、4四球、4三振、3失点の内容で、今季13勝目(7敗)を挙げた。ドジャースは9対5で勝利。

 ドジャースは3対3の5回、1死満塁のチャンスで、主砲エイドリアン・ゴンザレスが2点適時打を放ち、勝ち越しに成功。直後の6回には1点を返されたが、すぐさまその裏に先頭からの3連打で2点を奪って7対4とし、勝利を引き寄せた。

 ゴンザレスは2安打、3打点、ジャスティン・ターナー三塁手とルーキーのコリー・シーガー遊撃手がそれぞれ3安打で打線をけん引した。また、8回2死走者なしから登板した抑えのケンリー・ジャンセン投手が、1回1/3を1失点に抑え、今季36セーブ目を手にしている。

最終更新:8月24日(水)16時0分

ISM

スポーツナビ 野球情報