ここから本文です

【NBA】F.イジーリが左ひざに注射治療、6週間の離脱へ

ISM 8月24日(水)16時58分配信

 現地23日、ポートランド・トレイルブレイザーズのセンター、フェスタス・イジーリが左ひざの注射治療を受け、トレーニングキャンプ開始に間に合わない見通しであることが分かった。米『CBSスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが同日に報じている。

 イジーリは、ひざの痛みを緩和し機能の改善を促すために、2本の注射を患部に打ったようだが、回復には6週間を要するもよう。2013-14シーズンには、右ひざの手術を受け、シーズンを全休したほか、今年2月にも左ひざの関節鏡視下手術を受けてシーズン後半戦の大半を欠場。復帰後は十分な働きをできていなかった。

 今夏、イジーリは総額1,470万ドル(約14億8,000万円)の2年契約でブレイザーズに加入したが、『CBSスポーツ』は、同選手がこの格安の条件を喜んで受け入れたのだとしたら、ひざに深刻な懸念があったためだろうと推測している。

最終更新:8月24日(水)16時58分

ISM