ここから本文です

超新星・ユナク、元宝塚・凰稀かなめの美貌絶賛「顔が小さい」

オリコン 8月25日(木)0時0分配信

 元宝塚歌劇団の宙組男役トップスター・凰稀(おうき)かなめ、韓国の男性ダンス・ボーカルグループ、超新星のユナクが24日、都内で行われたミュージカル『花・虞美人』の制作発表会見に出席した。

【集合ショット】清水アキラの息子・清水良太郎も出席

 昨年2月に宝塚歌劇団を退団した凰稀は、今作で退団後初主演を務める。大勢の報道陣を前に「少し緊張もありますけど、楽しみにしていました」と心境を明かしつつ「すてきな共演者の方々と一緒に最高の舞台を作っていきたい」と気合十分に語った。

 同作は、中国で有名な「項羽と劉邦」の物語をベースに凰稀演じる虞姫(ぐき)を取り巻く、別れ・復讐・愛を描く。来年3月26日から31日まで東京・赤坂ACTシアター、4月15日から16日まで愛知県芸術劇場、22日から23日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

 凰稀と初共演となるユナクは「モデルさんみたいに顔が小さくて、身長が高い。こんなにモデルさんのようなスタイルの先輩と共演できてうれしい」と、その美貌を絶賛。タレントの清水良太郎からも「男らしい。身長も高いのでそんなイメージですね」と印象を伝えられると、凰稀は照れ笑いを浮かべていた。

 会見にはそのほか、岡田亮輔、石橋直也、小野建斗、脚本・演出の岡本貴也氏が出席した。

最終更新:8月25日(木)0時0分

オリコン