ここから本文です

ハリウッド女優ヘイリー・スタインフェルドが日本デビュー 自身初の店内イベント

オリコン 8月24日(水)14時23分配信

 米女優で歌手のヘイリー・スタインフェルド(19)が23日、東京・タワーレコード渋谷店で日本デビュー作となるミニアルバム『ヘイズ』(19日発売)のリリース記念イベントを開催した。ハリウッド女優のヘイリーが来日するのは今回で2回目。「日本が本当に大好きなの! 14歳の時に初めて来たんだけど、一番好きな国のひとつよ。また早く戻ってきたいわ」と再会を約束し、ファンを興奮させた。

【写真】Tシャツ、ジーンズ姿で熱唱

 ヘイリーはコーエン兄弟が手がけた映画『トゥルー・グリット』(2010年公開)でスクリーンデビュー。その演技力が評価され、当時14歳にして米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされるなど数々の賞を受賞。昨年公開された全米NO.1ヒット映画『ピッチ・パーフェクト2』で広い音域を活かしたパワフルなボーカルを披露したことをきっかけに、本格的に音楽の世界へ飛び込んだ。

 熱狂的なファンの歓声に迎えられて登場したヘイリーは、日本デビュー作『ヘイズ』に収録されている「スターヴィングfeat. ゼッド」「ロック・ボトム feat. DNCE」を続けて披露。最後に世界で100万ダウンロードされているヒット曲「ラヴ・マイセルフ」を歌唱すると、ファンとの大合唱となった。

 トークコーナーではファンの質問に回答。「5年前にアカデミー賞にノミネートされた時はどうだった?」と聞かれ、「当時は14歳でレッドカーペットを歩けることが、ただうれしかったの。今になって、あの時はすごかったんだな、と実感がわくわ」とニッコリ。大勢のファンに向け「頑張って作ってくれたサインボードを見ると、愛されてるって感じるわ。本当にいつもありがとう!」と感謝の気持ちを伝え、のべ450人のファンにサインを手渡しした。

 きょう24日には、東京・原宿駅前のHARAJUKU Abema Studioで行われる特別番組『Hailee Seinfeld by AWA』(後6:30~7:00)の公開生放送に出演する。

最終更新:8月24日(水)18時23分

オリコン