ここから本文です

ドラマ版『弱ペダ』クランクアップ 小越勇輝は完成作に自信

オリコン 8月24日(水)15時15分配信

 俳優・小越勇輝がドラマ初出演にして初主演するBSスカパー!オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』がはやくもクランクアップを迎えた。小越は「撮影が始まる前は不安やプレッシャーなど色々な想いがありましたが、温かいキャスト・スタッフの皆さんに囲まれて、撮影に臨むことができました」と感慨深げに振り返った。
 
 現在、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の渡辺航氏原作の少年漫画を実写化。自転車ロードレースに打ち込む高校生たちの青春エンターテイメント作品となっており、原作コミックスの累計発行部数は1500万部を突破するなど支持を集めている。

実写ドラマ『弱虫ペダル』キービジュアル

 ドラマは小越が演じる主人公・小野田坂道と鳴子章吉(深澤大河)が初めて出会うシーンをもって撮了。同ドラマではキャストが本物のロードバイクに挑戦し、撮影前からプロの指導のもと猛特訓を積んだ。

 小越は「原作のドラマ化にあたり、色々な意見があると思いますが、キャスト・スタッフが“どうやったらドラマでの面白さが出せるだろう”と考えてやってきました。ドラマにしか出せない面白さが絶対にあります」と胸を張った。

 みどころとなる合宿シーンでは1日中ロードバイクでの演技が続くハードな撮影となったが、深澤は「撮影が始まる前は“どうなるんだろう”とドキドキしていましたが、最後まで鳴子章吉として演じることができました。地獄の合宿を経て、とても良い作品が出来上がりましたので、ぜひ、見てください!」とアピールしている。

最終更新:8月24日(水)15時15分

オリコン