ここから本文です

オスカー俳優、マーク・ライランスが初来日 スピルバーグ最新作『BFG』

オリコン 8月24日(水)23時40分配信

 映画『ブリッジ・オブ・スパイ』で第88回アカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランスが、映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(9月17日公開)のプロモーションのため初来日することが24日、わかった。31日にプレミアイベントに出席する予定。

【動画】『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』本編映像

 同作は、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督とディズニーが初タッグを組んだファンタジー・アドベンチャー。好奇心旺盛な少女ソフィーと“やさしい巨人” ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(BFG)が友情を超えた絆で結ばれ、世界に大きな変化と奇跡をもたらす。

 イギリスで舞台を中心に活躍し、演劇界では“レジェンド”としてその名を馳せてきたライランスは、歌舞伎や狂言といった伝統芸能や、黒澤明監督の映画をリスペクトするなど、日本の文化を愛し影響を受けてきた親日家の一面を持っている。

 本作では、『ブリッジ・オブ・スパイ』でもメガホンをとったスピルバーグ監督の熱望により、「巨人の国」に住む身長7メートルの小柄な巨人・BFGを熱演。

 夜な夜な世界中を駆け回って子どもたちに夢を届け、シリアスな顔で子どものような“言い間違い”を連発したり、おませな少女ソフィーにたしなめられ、年甲斐もなくシュンと落ち込んでしまうなど、どこかおかしく、放っておけないかわいさと愛嬌のあるキャラクターだ。

 圧倒的演技力と表現力で演じきったライランスは、BFGについて「彼のユーモアのセンスが好きだし、奇妙な話し方や、彼についてのすべてのことが気に入っているよ。彼がソフィーのいうことを聞いて、考えるところとかもね」とコメントしている。

最終更新:8月24日(水)23時40分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。