ここから本文です

森川葵のファッション通信(7)水玉ワンピでレトロガーリー

オリコン 8月25日(木)17時0分配信

 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』(毎週木曜 後11:59 )に出演する女優の森川葵。主人公・柿崎真一(三上博史)の相棒で、森川演じる丸井華のレトロファッションがみどころの一つとなっており、ORICON STYLEでは毎週その着こなしを取り上げていく。

【写真】ちょっと大人なワンピースで上品なスタイルに

 25日放送の第7話で森川がお気入りとして挙げたのが黒地に白い水玉のワンピースのコーディネート。赤ベルトが差し色として取り入れられており、「60~70年代っぽい感じがすごくかわいくてステキ」と紹介。このほか、大人っぽい花柄ワンピースやボーダーの入り方が個性的な青地のワンピースなど様々なスタイルをみせている。

 スタイリストを務めるコンテンポラリー・コーポレーションの市原みちよ氏は「水玉は不思議なもので細かいとフェミニン、大きいとポップなイメージ。このコインドットのワンピースはポップで上品なすぐれもの。赤ベルト、白靴下でポイントを付けて、よりガーリーでおしゃれなイメージになっています」と解説している。

 第7話では柿崎真一は、島田百子(木下美咲)という女性と意気投合し、一夜を共にしようとするが、百子は事故で急死してしまった。百子の残した宝くじの当選金1億円を巡り、父の太一(中丸新将)と母の美奈子(銀粉蝶)がののしり合い……というあらすじ。森川は「キーワードはサフランライス。サフランライスに注目です!!」とみどころを明かしている。

■番組公式ツイッター
https://twitter.com/ytvdrama

■番組公式インスタグラム
https://www.instagram.com/kakizakishinichi/

最終更新:8月25日(木)17時12分

オリコン