ここから本文です

TOKIO・松岡昌宏、家政夫役でドラマ主演 その名は“ミタゾノ”

オリコン 8月25日(木)5時0分配信

 人気グループ・TOKIOの松岡昌宏主演で、家政婦ならぬ家政夫が活躍する連続ドラマが10月よりテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15※一部地域では放送時間が異なる)で放送される。その名も『家政夫のミタゾノ』。“家政婦もの”といえば、同局のヒットドラマシリーズ『家政婦は見た!』が有名だが、家庭を崩壊させ、再生へと導く、ダークヒーローが新たに誕生する。

 『家政婦は見た!』では、1983年から2008年にかけては市原悦子が演じた“大沢家政婦紹介所の石崎秋子”が、そして2014年からは米倉涼子が演じる“協栄家政婦協会の沢口信子”が、さまざまな上流家庭の内情を“覗き”、大旋風を巻き起こしてきた。

 今回、松岡が演じるのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)。女性が主に活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”。しかも、彼は派遣された家庭・家族に巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としてしまう。

 松岡は「テレビ朝日にはこれまで、市原悦子さん、そして米倉涼子さんという“2大家政婦”がいます。そこに新たに僕が演じる家政夫が参入するわけですが、あまり気負わずに。あくまで僕はダークな家政夫・三田園でいければいいかな、と思っています」とコメント。そして「撮影開始に向けて着々と準備も進んで、楽しくなりそうな気配も満載です。チーム一丸となっていい作品を作っていきたいと思っていますので、お楽しみに!」と撮影が待ちきれない様子だ。

 派遣先の家庭は、世間的には“勝ち組”と呼ばれ、プライドが高く傲慢で、身分の低い者は見下している、という鼻持ちならない人間ばかり。そんな人たちが抱える秘密に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまうのが三田園という男。誰にも気付かれないうちに周到に罠を張り巡らせて、人間関係を崩壊させ、化けの皮をはがしていく。その過程を爽快感たっぷりに描く。

 松岡は「男性の僕が、新しい型、新しいタッチで“家政婦”というお仕事の世界に食い込んでいくことにとても興味を持ちました」とやる気十分。

 劇中では、すぐに実践できる家事の技も紹介していく。第1話には「とっさの染み抜き方法」や「洗濯物が早く乾く干し方」などが登場予定。三田園直伝の技の数々は、“家事芸人”として人気の松橋周太呂が監修し、掃除・洗濯・料理など家事全般に関するスキルや情報でドラマを盛り上げる。

最終更新:8月26日(金)7時6分

オリコン