ここから本文です

なぜルネサスは「アナログ半導体メーカー」を買収するのか?

投信1 8月24日(水)12時15分配信

米半導体メーカーの買収を検討

2016年8月23日、半導体大手のルネサスエレクトロニクス <6723> が米国のアナログ半導体メーカーであるインターシル社を買収すると、複数のメディアが報じました。報道によると買収金額は約3,000億円(報道直前の株価に対して約38%のプレミアム)、目的は車載用半導体事業の強化とされています。

現時点では会社側から正式なリリースが出ていませんが、複数のメディアが同一内容の報道を行っていることから、水面下で交渉が行われている可能性は極めて高いと推察されます。

ちなみに、この報道を受けた22日、米国ナスダック市場に上場しているインターシル社の株価は前日比+20%上昇で引けました。その一方で、ルネサスの株価は22日に続き、23日も大幅続落となっています。

大型買収を発表直後の株価は、買収する側の株価は下落し、買収される側の株価が上昇することが一般的です。また、正式発表がないため、今後の買収による資金負担だけがクローズアップされてしまい、買収メリットが見えにくい現在の状況では、違和感のない株価の動きと言えます。

とはいえ、いずれは正式な発表が行われるでしょうから、その前に、ルネサスがアナログ半導体メーカーの買収を目指する意図について、推測を交えて考えてみたいと思います。

そもそも、デジタルとアナログの違いとは

おそらく多くの方は、半導体にはデジタル半導体とアナログ半導体の2種類があることや、デジタル全盛の今の時代に、なぜアナログなのかについて疑問をお持ちかと思います。そこで、まず、デジタルとアナログの違いに関して簡単に説明します。

一般的に「デジタル」は離散したもの・数値化(量子化)されたもの、「アナログ」は連続したもの・数値化(量子化)されていないものと定義されています。

半導体でも、0と1(オンとオフ)だけで情報を処理する半導体はデジタル半導体とされ、代表例にはインテルのマイクロプロセッサ―(MPU)や携帯電話のデジタル信号を処理しているデジタルシグナルプロセッサー(DSP)などがあり、その製造には最先端の設備が使われています。

また、三星電子や東芝などが製造しているスマホ用のメモリー半導体(NANDやDRAM)、ルネサスの主力製品であるマイコン(MCU)もデジタル半導体です。

一方、アナログ半導体は電気信号を連続的に処理する半導体です。電圧をオンとオフだけではなく、“やや高め、やや低め”など、きめ細かくリニアに制御するために使われます。具体的には、パワーマネージメントIC、オペアンプ(演算増幅器)などが挙げられます。

アナログ半導体の製造は、デジタル半導体に比べると旧式な設備で行われていますが、設計には熟練したノウハウが必要とされています。

なお、トップ企業はテキサスインスツルメント(TI)ですが、大半が中堅企業です。これは日本でも同様であり、ローム <6963> 、ミツミ電機 <6767> 、新日本無線 <6911> など中小型銘柄が代表企業となっています。

1/2ページ

最終更新:8月24日(水)12時15分

投信1

チャート

ルネサスエレクトロニクス6723
636円、前日比+13円 - 9月26日 15時0分

チャート

ローム6963
5000円、前日比-20円 - 9月26日 15時0分

チャート

ミツミ電機6767
559円、前日比-12円 - 9月26日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]