ここから本文です

草間彌生と山口小夜子の映画を同時上映、会場は新装・東京都写真美術館

CINRA.NET 8/24(水) 20:16配信

上映会『世界が魅せられたふたりの異才 草間彌生×山口小夜子~松本貴子監督ドキュメンタリー特集~』が、9月4日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

【もっと画像を見る(7枚)】

9月3日にリニューアルオープンし、新たな愛称を「トップミュージアム」とする東京都写真美術館の開館20周年を記念して行なわれる同イベント。松本貴子が監督したドキュメンタリー映画2作品を同時上映する。

上映作品は、草間彌生の創作活動と日常を1年間半にわたって追った『≒草間彌生 わたし大好き』と、生前に山口小夜子と交流のあった松本監督が、関係者の証言や残された映像を交えて制作した『氷の花火 山口小夜子』。上映スケジュールは東京都写真美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

松本監督は同イベントの開催に際して「ドキュメンタリー映画の制作過程には、辛いことも沢山ありましたが、それを上回る掛け替えのない幸せな時間を、味わい尽くすことが出来ました。今回、トップミュージアムで2作品を同時上映出来ることは、この上ない喜びです。異彩を放つ二人の表現者の生き方が、多くの方々の記憶に残ることを願って!天才と美しい女は、見飽きない!」とコメント。

なお今回の発表とあわせて『氷の花火 山口小夜子』が8月25日から開催される『第40回モントリオール世界映画祭』ドキュメンタリー部門の正式招待作品に決定したことも明らかになった。

CINRA.NET

最終更新:8/24(水) 20:16

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]