ここから本文です

東秩父村長選、足立氏が無投票再選 持続可能な地域づくりへ抱負

埼玉新聞 8/24(水) 6:02配信

 任期満了に伴う東秩父村長選は23日告示された。無所属で現職の足立理助氏(66)以外に立候補はなく、足立氏が無投票で再選を果たした。

 足立氏は2012年の村長選で現職を破って初当選。この4年間、和紙の里を拠点とするハブ化構想、旧西小学校跡地に特別養護老人ホーム誘致、消防分署建設計画、ユネスコ無形文化遺産登録の細川紙の「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」の手立て構築などに取り組んできた。

 足立氏は、同日午後5時すぎ、同村奥沢の選挙事務所で「皆さんのおかげで再選を果たすことができた。これまでに道筋を付けた事業を着実に船出させて、持続可能な『地域村づくり』を進めたい」と抱負を述べた。

最終更新:8/24(水) 6:02

埼玉新聞