ここから本文です

通信途絶した太陽観察衛星「STEREO-B」、2年ぶりに地上と通信が回復!

sorae.jp 8/24(水) 8:05配信

2006年に太陽を観測するためにNASAによって打ち上げられた、2機からなる太陽観察衛星プロジェクト「STEREO」。そのうちのSTEREO-Aは稼働を続けていますが、STEREO-Bは2014年に通信が途絶していました。しかしこのたび、STEREO-Bの通信が回復したことが発表されたのです!

NASAのディープスペースネットワーク(DSN)によれば、STEREO-Bの通信が回復したのは8月21日の6時27分(東部時間)。現在STEREO-Bのシステムは稼働しており、復帰のための努力が続けられています。
 
STEREO-AとSTEREO-Bは太陽を挟みこむように、4年で太陽を周る軌道に配置されました。位置の違う2つの衛星から観測することで「両方の半球」を観測できるSTEREOは、以前に太陽の立体的な画像を撮影し地球に送信していました。また、この配置によって太陽の活動を観測したり、太陽フレアの危険性を察知することもできます。
 
しかし2014年の10月1日、STEREO-Bは定期テストの最中に通信が途絶し、そのアンテナも地球の方向を向かなくなってしまいました。そしてその後、NASAは毎月定期的に通信の再確立を試していたのです。
 
今回STEREO-Bは内部システムと姿勢制御システムが精査され、地球の方向にアンテナを向け続けられるように設定されます。さらに、搭載された観測機器やサブシステムもテストされる予定です。この先STEREO-Bが観測に復帰できるのかどうかを含めて、今後を見守りたいと思います。

最終更新:8/24(水) 8:05

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。