ここから本文です

錦織は第6シード、全米OPシード順一覧<男子テニス>

tennis365.net 8/24(水) 4:25配信

全米オープン

29日から開幕するテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は23日、男子シングルスのシード順が発表され、錦織圭(日本)は第6シードになった。

【錦織 ぶっちぎりの1位】

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で銅メダルを獲得した錦織は、その後W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に出場したが3回戦で敗退。

過去の全米オープンでは2014年にグランドスラム初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝を飾った。2015年は1回戦でB・ペール(フランス)にフルセットで敗れた。

第1シードは2連覇と3度目の優勝を狙う世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得したA・マレー(英国)、第3シードはS・ワウリンカ(スイス)、第4シードはR・ナダル(スペイン)、第5シードはM・ラオニチ(カナダ)。

世界ランク4位のR・フェデラー(スイス)と同8位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)は欠場を表明している。

シード順は以下の通り。

第1シード:N・ジョコビッチ
第2シード:A・マレー
第3シード:S・ワウリンカ
第4シード:R・ナダル
第5シード:M・ラオニチ
第6シード:錦織圭
第7シード:M・チリッチ
第8シード:D・ティエム(オーストリア)
第9シード:JW・ツォンガ(フランス)
第10シード:G・モンフィス(フランス)
第11シード:D・フェレール(スペイン)
第12シード:D・ゴファン(ベルギー)
第13シード:R・ガスケ(フランス)
第14シード:N・キリオス(オーストラリア)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:F・ロペス(スペイン)
第17シード:B・トミック(オーストラリア)
第18シード:P・クエバス(ウルグアイ)
第19シード:S・ジョンソン(アメリカ)
第20シード:J・イズナー(アメリカ)
第21シード:I・カルロビッチ(クロアチア)
第22シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第23シード:K・アンダーソン(南アフリカ)
第24シード:L・プイユ(フランス)
第25シード:P・コールシュライバー(ドイツ)
第26シード:J・ソック(アメリカ)
第27シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第28シード:M・クリザン(スロバキア)
第29シード:S・クエリー(アメリカ)
第30シード:G・シモン(フランス)
第31シード:A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
第32シード:B・ペール

tennis365.net

最終更新:8/24(水) 4:25

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。