ここから本文です

御師の家の伝統、たいまつ作り復活

山梨日日新聞 8月24日(水)14時45分配信 (有料記事)

 吉田の火祭りが行われる26日を前に、富士吉田市上吉田6丁目の御師(おし)の家「毘沙門屋」でたいまつ作りが行われている。富士講信者が、祭りで燃やすたいまつを宿坊とする御師の家に注文して作っていた習わしを復活させようと計画した。…本文:1,256文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月24日(水)14時45分

山梨日日新聞