ここから本文です

嵐山町長選、岩沢氏が無投票4選 進む人口減少…「課題に早く対応」

埼玉新聞 8/24(水) 6:02配信

 任期満了に伴う嵐山町長選は23日告示された。無所属で現職の岩沢勝氏(74)以外に立候補はなく、岩沢氏が前回に続いて無投票で4選を果たした。

 岩沢氏は2004年の町長選で初当選。3期12年間、住み良い、安全・安心、元気なまちづくり、子育て支援、行政改革など、手堅い町政運営を進めてきた。

 岩沢氏は、午後5時すぎ、同町菅谷の選挙事務所で支援者らを前に「皆さんのご支援で4選を果たせた。人口減少が進んでいる。嵐山でも間違いなく減っている。これまでの行政では行き詰まる。課題に早い段階でしっかり対応して、元気な町になるようにやっていきたい」と抱負を述べた。

最終更新:8/24(水) 6:02

埼玉新聞