ここから本文です

内島萌夏(小平二)が個人戦単複で決勝に進出 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8/24(水) 9:00配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)の大会5日目は、男女子個人戦のシングルス準々決勝、準決勝と男女ダブルスの準決勝が行われ、ファイナリストが出揃った。

男子シングルス決勝は齋藤惠佑と横田大夢のトップ2シード対決へ [第43回全中5日目]

   ◇   ◇   ◇

 女子シングルスは、第1シードの坂詰姫野(上越教育大学附属)が準々決勝で第5~8シードの神鳥舞(世田谷区立烏山)に一時2-5とリードされるが、そこから6ゲームを連取して逆転勝ちを収めた。積極的に打つ姿勢で一気に試合の流れを引き寄せた。

「昨年の全日本ジュニアで対戦して6-1 7-5で勝ったけど、そのときから苦手意識があった」と坂詰。「左右に揺さぶったあと、相手が高いボールを返してきたときに慎重にいき過ぎた。でも、それをドライブボレーで叩いたことが、よいきっかけになった」と逆転のきっかけを振り返った。

 8強に残った2人の千葉県勢はベスト8で姿を消した。第9~12シードの長門桃子(我孫子市立湖北台)は第3~4シードの川村茉那(牛久市立牛久第一)に4-1リードから、5-8にされて敗退。試合が進むにつれて調子を上げる相手の多彩なショットに対応できなかった。第13~16シードの進藤万里依(柏市立松葉)は第9~12シードの光崎楓奈(みよし市立三好丘)と4-4までは互角だったが、そこから不用意なミスも影響して4ゲームを連取されて敗退した。

 準決勝は3セットマッチとなり、坂詰が川村に6-2 6-3のストレート勝ちを収めた。坂詰と逆のブロックを勝ち上がったのは第2シードの内島萌夏(小平市立小平第二)。準々決勝で第5~8シードの肥田唯花(松原市立松原第三)を9-7で振りきり、準決勝では光崎に7-6(6) 6-4で競り勝った。

 ダブルスの準決勝は、新見小晴/田中陽明子(岡山市立桑田)が毛呂彩音/金子さら紗(小平市立小平第二)を6-1 6-0で一蹴。萌夏と舞子の内島姉妹ペアは川出莉子/虫賀智歩(一宮市立奥)に6-4 6-1のストレート勝ちを収めた。

 大会最終日の24日は、男女シングルス決勝、男女ダブルス決勝が10時00分から行われる。ただし、女子は内島萌夏が単複で決勝に進出したため、坂詰とのシングルス決勝が終わったあと、ダブルス決勝が行われる予定。

(テニスマガジン/編集部◎池田晋)

最終更新:8/24(水) 9:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]