ここから本文です

尾崎里紗 ストレート勝ちで全米OP予選2回戦へ<女子テニス>

tennis365.net 8月24日(水)5時42分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は23日、女子シングルス予選1回戦が行われ、予選第10シードの尾崎里紗(日本)がC・ペラ(アルゼンチン)を7-6 (7-5), 6-1のストレートで下し、予選2回戦へ駒を進めた。

尾崎里紗 第2シード破る金星

この試合、第1セットは両者激しい打ち合いから尾崎がタイブレークの末に先取。

第2セットに入ると主導権は尾崎が握り、ファーストサービスが入った時に82パーセントの高い確率でポイントを獲得してペラに1度もブレークチャンスを与えなかった。さらに3度のブレークに成功し、1時間35分で勝利した。

予選2回戦ではN・ハン(韓国)と対戦する。

尾崎は、今年7月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、WTAインターナショナル)でS・スティーブンス(アメリカ)らを破り、ベスト8進出。8月の江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)では元世界ランク4位のF・スキアボーネ(イタリア)らに勝利し、ベスト4へ進出する活躍を見せた。

今大会の予選には尾崎の他に、予選第14シードの江口実沙(日本)、穂積絵莉(日本)、加藤未唯(日本)、桑田寛子(日本)、青山修子(日本)、日比万葉(日本)、今西美晴(日本)も出場している。

男子は予選第1シードの杉田祐一(日本)、予選第30シードの添田豪(日本)、守屋宏紀(日本)が本戦出場を目指す。

tennis365.net

最終更新:8月24日(水)5時42分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。