ここから本文です

強い台風10号 大東島地方あす25日夜には暴風域に

ウェザーマップ 8月24日(水)6時58分配信

 強い台風10号は沖縄の南大東島の東の海上にあり、暴風域を伴っている。きょう24日午前6時現在、南大東島は台風の強風域に入っており、大東島地方はあす25日夜には暴風域に入る見込み。暴風、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。

 きょう午前6時、台風10号は南大東島の東約180キロにあり、1時間におよそ10キロの速さで南西へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、暴風域を伴っている。台風は今後も発達し、暴風域を伴いながら、南大東島の東の海上を南西に進む見通し。

 大東島地方では風が強く吹いており、台風の接近に伴い、今夜遅くから非常に強い風となり、海はうねりを伴い大しけとなる。あすは風・波ともさらに強まり、夜には暴風となる見込み。大東島地方で、あすにかけて予想される最大瞬間風速は35メートル、波の高さは7メートル。暴風、うねりを伴った高波に警戒するとともに、急な強い雨や落雷にも注意が必要だ。

 台風10号は進行速度が遅く、沖縄では長期間、台風の影響を受けるおそれがある。なお、九州南部や四国でもうねりが届くため、海のレジャーなどには注意を心がけたい。
 また、週末以降は進路を北寄りに変える可能性があるため、今後も最新の情報に注意が必要だ。

最終更新:8月24日(水)6時58分

ウェザーマップ