ここから本文です

亡くなった親の携帯電話の解約に「死亡診断書の原本」が必要?

BuzzFeed Japan 8/24(水) 9:07配信

携帯電話の契約者が亡くなったため解約を願い出たら、死亡診断書の「原本」を求められ、解約ができなかった。こんな「ソフトバンクの対応」を、あるTwitterユーザーが投稿している。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

しかし、ソフトバンクのサポートページ「契約者死亡に伴い解約する場合の手続き方法」には、こんな記述がある。

“■ご来店の際必要な持ちもの
1.ご契約者さまの死亡が確認できる書類 (以下の例を参考に原本(コピーでも可)を提示していただくようお願いいたします)
 例)会葬案内状/礼状、新聞記事(おくやみ欄)、除籍が分かる戸籍謄本、住民票(除票)、医師の死亡診断書、埋葬許可証
2.ご契約の「USIMカード」(お手元にない場合は、お手続きの際にお申し出ください。)
3.ご来店者さまの本人確認書類(運転免許証やパスポートなど。(その他の書類はこちら)”

それでは、Twitterユーザーが投稿した上述の対応は何だったのか。

ソフトバンクの広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に対して、「確認中」として回答を控えた。

「サポートページにある通り、亡くなられたことがわかるものがあれば、全国のソフトバンクショップで柔軟に対応しております」と言うが、スタッフの中には、規約を把握していない人がいる可能性もある。

ドコモ、auの場合は?

ドコモとauも、亡くなった契約者の携帯解約時に必要なものをサポートページで案内している。2社ともソフトバンクと大きな違いはなく、死亡診断書などのコピーがあれば大丈夫だ。

まず、ドコモはこうだ。

“ご用意いただくもの
葬儀の案内状や死亡診断書など死亡の事実が確認できるもの
ご利用中のドコモUIMカード(FOMAカード)(盗難・紛失時を除く)
ご来店される方の確認書類”

サポートページに記載はないが、ドコモの広報担当者によれば、死亡確認書類はコピーでも受け付けるという。

auはこうだ。

“■ご用意いただくもの
・ au電話機本体(auICカード対応機の場合は、本体+auICカード)
・ 来店者の認印(ゴム印以外)
・ 来店者のご本人さま確認書類(原本)
・ 契約者ご本人さまがお亡くなりになったことを確認できる書類。原本をご用意ください。
(戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、住民票(除票)、死亡診断書、新聞のおくやみ欄、会葬御礼の挨拶状のいずれか1つ)”

死亡確認書類については、「原本の提出が困難な場合は、コピーでも可能」と案内している。

手続きは各社それぞれのショップで受け付けている。

最終更新:8/24(水) 9:16

BuzzFeed Japan