ここから本文です

若き大衆演劇界のスーパースター“宝海大空”、原宿でのパフォーマンス披露に、女子高生も拍手喝采!新DVDも発売

E-TALENTBANK 8月24日(水)13時58分配信

ユニバーサルミュージックから6月22日に芸道20周年記念盤となるニューDVD「JAPANESQUE(ジャパネスク)」を発売した大衆演劇界のスーパースター、宝海大空(たかみ・おおぞら)が23日、東京・渋谷区のJOL原宿でパフォーマンスを披露した。

宝海は、1歳5カ月で宝海劇団(父親が座長)の初舞台に立ち、芝居、女形、舞踊で数々の公演を行い、2008年にニューヨーク、2011年にブルネイ王国で海外公演。小林幸子の明治座&御園座公演や映画「るろうに剣心」にも出演し、写真集まで発売。21歳という若さながら芸道20年の大衆演劇役者として人気を不動のものにしている。

この日は、大衆演劇とはまったくフィールドの違う女子高生の聖地「JOL原宿」でパフォーマンスを披露することになったもので、同所では今年7月11日と8月8日にも行い、女子高生たちの間で人気を博し、今回が3回目。

原宿で人気の男性3人組、THE LADYBIRDとのジョイントステージで、同バンドとのトークセッションで「かわいいはつくれる?モテ女子講座」をテーマに対談。

続いて同バンドのオンステージのあと、約10面の面を次々と替えながらの「面の舞」と、シャープでスピーディーな刀裁きによる「剣の舞」という2つのタイトルの踊りを華麗に披露。最後に「各地を公演で回っていますので、また僕を見かけたらよろしくお願いします」とあいさつし、女子高生たちから拍手喝采を浴びた。

宝海は「原宿でのパフォーマンスは今回で3回目ですが、ふだんの客層とは違うので最初は戸惑いがありました。でも新鮮で楽しく踊らせていただきした。最初は、原宿の街に少しでも馴染もうと、クレープを食べたりしましたが、おいしかったですし、この街に少しずつ馴染んできているなと思います。今日は、大勢の若い方に僕のパフォーマンスを見ていたき、すごくいい体験をさせていただきました。(観客が)自分に年齢が近いし、同世代の人たちに大衆演劇の世界を知ってほしい」と話していた。

また、今回のDVDについては「自分の歌はありませんが、自分だけのオリジナル曲で踊らせていただいていること。また、刀とお面、花魁、素踊りと、自分の見せ場はすべて入っていますので、ぜひこのDVDをたくさんの方に見ていただきたいですね」とアピールしていた。

同DVDは、書き下ろしのオリジナル音源に合わせ、圧倒的な舞を披露する作品4編とスペシャルインタビュー、ドキュメント映像を収録している。

最終更新:8月24日(水)13時58分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。