ここから本文です

ロッテ伊東監督、ナインに奮起促す 「上に向かっていく姿勢が見えない」

Full-Count 8月24日(水)8時30分配信

重要な6連戦の初戦落とす、「ここという時の集中力が欠けている」

 ロッテは23日、本拠地での日本ハム戦に1-4で敗戦。日本ハムからソフトバンクと続く大事な6連戦の初戦を落とした。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 伊東監督の表情は終始厳しかった。初回、スタンリッジは大谷に内角スライダーを腕をたたんで右前に運ばれる技ありの先制タイムリーを許した。4番・中田は右飛で2死。5番・田中賢を三塁ゴロに打ちとって、ほっと一安心のはずが、ルーキー平沢が遊撃で先発したため、三塁に回った鈴木がエラー。続く陽に3ランを浴び、いきなり4失点となった。

 2回以降、スタンリッジは試合を作って追加点を許さず。2回には平沢のラッキーな適時二塁打で1点を還したが、結局バースを打ち切れず、ずるずる押し切られた。

 首位打者・角中は3安打の猛打賞で一人気を吐いたが、総じて淡泊な攻撃に終始。指揮官は「上に対して必死で向かっていく姿勢が全体に見えなかった。ここという時の集中力が欠けている。打たされるだけで、アウトの内容が悪い。残念です。6連戦の頭をとって、勢いをつけたかったが、前から言っているとおり、上位のチームにミスしたら負けるのは誰が見ても明らか。明日からやってもらいます」とナインの奮起を促していた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月24日(水)8時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)