ここから本文です

本田とスソの右サイドは穴か? ミランがEURO2016制覇に貢献したトリッキーなウイングに注目

theWORLD(ザ・ワールド) 8月24日(水)11時58分配信

スソと本田を上回る能力あり

現在のミランは右サイドを若いスソ、そして日本代表MF本田圭佑の2人が争う構図となっているが、そこにもう1人加わることになるかもしれない。

伊『Gazzetta dello Sport』は、ミランがベジクタシュに所属するポルトガル代表FWリカルド・クアレスマの獲得を検討していると報じた。クアレスマは今夏フランスで開催されたEURO2016でチームの優勝に貢献し、主に途中出場から右サイドなどを担当していた。

若い頃と比較するとスピードは落ちてしまったが、細かな部分のテクニックは未だ健在だ。仮にミランに加入すればスソと本田との序列争いを制することも十分に可能だろう。

ただし、同メディアは気になるポイントとしてクアレスマが1度セリエAで失敗していることを挙げた。クアレスマは以前インテルでプレイした経験があるものの、ほとんどインパクトを残せずクラブを去っている。当時のインテルが今より豪華なチームだったのも関係しているが、クアレスマにとってはあまり良い思い出ではない。

それでも今のミランの戦力であれば出場機会を得ることも可能なはずで、実現すれば面白い選択肢となるだろう。本田より序列が上と見られているスソも開幕戦のトリノ戦ではそれほどボールに絡むことができず、左サイドに入ったエムバイェ・ニアングに比べれば圧倒的なパフォーマンスは披露できていない。やや右サイドのインパクトが弱い気もするが、ミランにEURO2016覇者はやってくるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月24日(水)11時58分

theWORLD(ザ・ワールド)