ここから本文です

高橋みなみ ロンブー淳と恋愛脳を学ぶ「“かわいい”は49日で慣れる!」

TOKYO FM+ 8/24(水) 12:00配信

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組の8月23日(火)の放送は、体験型ティーンズフェス「超十代夏期講習2016」とコラボし、青山学院大学から公開生放送でお届けしました。

この日のゲストは、人工知能研究者で脳科学コメンテイターの黒川伊保子さん。途中からロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも参加する中、脳科学的に正しい恋愛脳の作り方について教わりました。

今回、3人のトークで大いに盛り上がったのは、「ミラーニューロン」について。
この「ミラーニューロン(鏡の脳細胞)」とは、目の前の人の表情筋をそのまま自分の表情筋に映し取ってしまう鏡のような細胞のこと。

「例えば、男性が淀んだ気持ちで彼女に会ったとしても、彼女が嬉しい表情をしていたらその表情筋がうつって嬉しい信号が脳に届く。すると彼女に会ったことが“嬉しい”と記憶されるんです」

この黒川さんの解説に、たかみなも「ご飯を食べている時に“この子、おいしそうに食べるな”って思って嬉しくなるのは、相手の表情がうつってるってことですか!?」とミラーニューロンを理解。

さらに淳さんに「男性から見て、ムスっとしている女性とは一緒にいたくないですか?」と問いかけると、「俺、そもそもムスっとしている女子には近づかないもんね。いい予感がしないじゃん」と返答。黒川さん曰く、「ムスっとしている(口角が下がっている)人の傍にいると、そういう信号が脳に流れるから後ろ向きな気持ちになる。あげまん、さげまんというのは、嬉しそうに生きているか、つまらなそうに生きているか。この2つで決まってしまう」とのこと。このミラーニューロンから続くわかりやすい説明に、「大切だなぁ」と納得する淳さんとたかみなでした。

また来場者から寄せられた「最近、彼氏にかまってもらえません」という質問には、黒川さんと淳さんは、「かまって!というアクションをしてみたら?」とそろって回答。
黒川さんは、脳科学的には「かわいい」には49日で慣れるため、その先はかまってもらうために努力しないといけないと語り、さらに淳さんが「ドキドキを日常に散りばめないとかまってもらえないし、男性もドキドキを提供しないと女子にかまってもらえない」とアドバイス。ふたりの即答ぶりに、「恋愛先生ふたりのコメントがスゴイ!」と、感心しきりのたかみなでした。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2016年8月23日放送より)

最終更新:8/24(水) 12:00

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]