ここから本文です

パラリンピックのアーチェリー選手が腕を使わずに矢を射る極意

ギズモード・ジャパン 8月24日(水)20時40分配信

ちゃんと定時までに溜まってた仕事を終わらせたら、やったぞ?!ってなりますよね。でもパラリンピックのアーチェリー選手Matt Stutzmanを見ると、自分の「やったぞ?!」をちょっとだけちっぽけに感じてしまうかも。Stutzmanさんは両腕のない状態で生まれてきました。矢を射るときは脚と足の指を使うのです。

動画はこちら:https://youtu.be/YjBcawHPRwk

Stutzmanはアメリカ・パラリンピックのアーチェリーチームの選手ですが、もっとすごいことにギネス記録も持っています。「アーチェリーで930フィート(283.4m)という最長の距離から的に当てた」というもの。そして、この記録は両腕のある選手にも破られていないのです。

StutzmanはLaughing Squidの動画内で、「自分は生まれた時から腕がなかったけど、特に限界を感じたことはないよ。人間の体がすごいのは、ない部分を他の部分が補おうとするんだ。だから僕は全部、足の指を使ってやってるんだ。アーチェリーも同じ。手のように足を使ってやってみたら、最初の矢を撃つまで2週間くらいかかったよ」と語っています。

腕がなくてもそのスポーツを極められるのは、もちろん生まれつきの才能や身体能力もありますが、障害をハンデと考えず、挑戦する気持ちと努力の賜物ですね。

source: YouTube, Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]

(リョウコ)

最終更新:8月24日(水)20時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]