ここから本文です

大会最終日、男子単複決勝の結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8/24(水) 12:04配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の最終日は、男子シングルス決勝、男子ダブルス決勝が行われた。

男子団体は小平市立小平第二(東京)が初優勝と春夏連続Vを達成 [第43回全中2日目]

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。準決勝より3タイブレークセットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後タイブレークシステム)。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○1齋藤惠佑(埼玉/伊奈町立南中学校)[1] 7-5 6-4 ●64横田大夢(埼玉/行田市立忍中学校)[2]

--------------------

【男子ダブルス決勝】

○1飯村大也/佐々野正望(千葉/柏市立田中中学校)[1] 7-6(1) 6-3 ●21河上雄大/鹿川夏生(東京/東京大学教育学部附属中等教育学校)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/24(水) 12:04

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。