ここから本文です

なお、このバッテリーは30分後に自動的に消滅する

ギズモード・ジャパン 8月24日(水)20時40分配信

スパイの世界が現実に。

自動的に消滅すると言えば、最近の若者にはわからないでしょうが、極秘任務を伝えるためのテープが有名です。が、今回、アイオワ州立大学が開発したのは、自動的に消滅するバッテリー。

近年、自動消滅系ハードウェアは注目されており、光、熱、液体と、さまざまなもので自動的に消滅させる研究が行なわれています。アイオワ州立大学にて物質科学者のReza Montazami氏が率いる研究もその1つなのですが、注目すべき点は、今までの課題であったハードウェアとしての性能の安定さと、自然消滅するスピードの速さにあります。Montazami氏のチームが開発したバッテリーは、卓上計算機ならば15分間電源を供給、消滅スピードは30分という快挙。特に30分という時間は非常に短く、他の自然消滅系バッテリーと比べると、1,000倍の速さだといいます。

このバッテリーを消滅させるのは水。バッテリーの能動部品は、ナノ粒子/微少粒子のリチウム塩と銀から作られており、それを分解可能なポリマーで包んでいます。水につけるとポリマーは分解、リチウム塩と銀は分解されませんが、そこはナノ粒子。水の中で細かくバラバラになり、追跡は不可能だといいます。

自然消滅系ハードウェアなんて、スパイ以外で必要な人いるの?と思いますが、それはどうやら素人の意見。ネタ元のSpectrumの解説によると、軍事機関の秘密保持や、除去手術を必要としない医療機器など、幅広い活躍の場が期待されているんですって。

一昔前のフィクションは、現代の科学のヒントになるってのは、本当なんですねぇ。

image by Ashley Christopherson

source: Spectrum

(そうこ)

最終更新:8月24日(水)20時40分

ギズモード・ジャパン