ここから本文です

小池都知事「非常に重い責任」―五輪旗が東京に到着

AFPBB News 8月24日(水)16時15分配信

(c)AFPBB News

【8月24日 AFP】リオデジャネイロ五輪の閉会式で2020年に五輪開催を控える東京都に引き継がれた五輪旗が24日、小池百合子(Yuriko Koike)都知事や、日本選手団とともに羽田空港(Haneda Airport)に到着した。

 五輪旗を手に羽田空港に降り立った小池知事は、歓迎式典で4年後に控える東京五輪へ向けて「非常に重い責任を感じている」と語った。

「50年以上の時を経て、このフラッグを東京に再び持ち帰れたことをとてもうれしく思います」

 降りしきる雨の中で行われたリオ五輪の閉会式では、安倍晋三(Shinzo Abe)首相がゲームキャラクターの「マリオ(Mario)」に扮(ふん)して出席し、「日本のソフトパワーを示したかった。観客の反応が不安だったが、多くの歓声をいただいた。感謝している」と語っていた。(c)AFPBB News

最終更新:8月24日(水)17時24分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。