ここから本文です

今夏もアーセナルは噂だけビッグだった!? 英紙が獲得の噂だけで終わった選手を加えたイレブン作成

theWORLD(ザ・ワールド) 8月24日(水)15時40分配信

今のところ誰も来ず

今夏のアーセナルは動きが非常に素早かった。早い段階でボルシアMGからMFグラニト・シャカを獲得し、今夏のアーセナルは一味違うかもしれないと期待を抱いたサポーターもいたはずだ。

しかし、その後は噂ばかりが先行して結果が出なくなってしまった。昨季メスト・エジルらのパスを満足に活かせなかった最前線、さらにローラン・コシェルニーの頼れる相棒不在問題を解決するワールドクラスのDF獲得が期待されたが、ここまでは誰も来ていない。

そこで英『METRO』は、今頃アーセナルはこうなっていたかもしれないというイレブンを作成。アーセナルが積極的に資金を投下していれば、今頃これと同程度の陣容が完成していたかもしれない。

GK
ペトル・チェフ

DF
エクトル・ベジェリン
ローラン・コシェルニー
シュコドラン・ムスタフィ
ナチョ・モンレアル

MF
グラニト・シャカ
フランシス・コクラン
リヤド・マフレズ
アレクシス・サンチェス
メスト・エジル

FW
アルバロ・モラタ


特に気になるのは最前線だろう。同メディアはインテルFWマウロ・イカルディも獲得のチャンスがあったと伝えており、イカルディかモラタ、あるいはジェイミー・バーディを引き抜けたかもしれない。

アーセナルは開幕から1敗1分とあまり良いスタートを切れなかったが、補強が成功していたら良い滑り出しをすることができただろうか。このイレブンが完成していれば優勝争いをリードすることも可能だったかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月24日(水)15時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。