ここから本文です

「とと姉ちゃん」高畑充希演じる常子と、坂口健太郎演じる星野の二人に“再婚待望派”と“慎重派”で意見割れる

E-TALENTBANK 8/24(水) 21:10配信

現在好評放送中のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。

雑誌の取材を通して偶然再会した常子(高畑充希)、星野(坂口健太郎)。今週の放送では、ひょんなことから星野の2人の子供の面倒を期間限定で見ることになった常子と星野一家の関係が描かれている。

常子が15年前に淡い恋心を抱きながらも、家のことを思ってプロポーズを断り、星野は大阪へ旅立っていったという過去があり、現在は星野が妻に先立たれていること、子供2人が常子に懐いていること、常子が星野一家と過ごす雰囲気がとても良いことから、二人の関係に対してSNSでは様々な意見が飛び交っているようだ。

一つは「常子ちゃんと星野さんが笑い合ってるの見るともう再婚しろよぉおってなる」「も~!早く、星野常子になっちゃいなさいな(笑)」「常子さんと星野さんだったら絶対に素敵な家庭になる!!だからほら!!」「常子と星野さん早く結婚したらいいのにー。」という再婚待望論。

そして、もう一つは「星野さん、誠実だから常子じゃなくても母親代わり、の女性との結婚はしないのだろうな」「何より結婚のメリットが星野の方にありすぎる、優しい星野さんは都合よく常子に結婚なんて申し込めないよね‥」「家のことや子供たちの世話をさせるためだけに常子と結婚するとか、彼の性格からすると絶対にそれはないという感じもある。」と言った慎重派の意見だ。

常子のモデルとなっている大橋鎭子氏に結婚したという史実はない様だが、同ドラマは大橋氏らをモデルとして『暮しの手帖』の創業の軌跡を描く“フィクション作品”として制作されているもの。今後、二人の仲に進展はあるのか?ますますドラマの行方が見逃せなくなりそうだ。

最終更新:8/24(水) 21:10

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]