ここから本文です

400年前の中国の刀は現代の技術でも作るのが難しい

ギズモード・ジャパン 8月24日(水)21時40分配信

剣や盾を作って、その工程の動画を公開しているBaltimore Knife and Swordが、400年前に中国で作られていた単刀を当時の技術と装置を使って再現しました。(動画はこちら:https://youtu.be/NhdFygUJOek)

まずは、数世紀前の中国で使われていた溶鉱炉とほぼ同じものを用意します。溶解炉の中で砂鉄が鋼鉄に変化していく様子は一見の価値ありです。さらに、80年間蹄鉄を作るのに使われていた圧延機で、鉄の塊が伸ばされていくところは絶対に見逃せません。

しかし、最も注目すべきは、400年前の刀を作るのがめちゃくちゃ大変だということです。砂鉄から鋼鉄の刀を作るには、現代の技術を借りてでも途方もない労力が必要なのに。当時の中国の人々がこれをこなしていたなんて、どれだけ大変だったか想像を絶します…。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文]

(SHIORI)

最終更新:8月24日(水)21時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]