ここから本文です

リオ五輪のリレー銀メダルに触発!?三越伊勢丹の社長が走る、走る

ニュースイッチ 8/24(水) 15:40配信

4500人が参加し大運動会

 三越伊勢丹は23日に東京・有明の東京ビッグサイトで運動会を開いた。首都圏の店舗を一斉休業し、グループの従業員と家族、取引先の関係者ら約4500人が参加して大玉送りなどで汗を流した。大西洋社長は「コミュニケーションのきっかけにしてほしい」と強調した。

 運動会は2回目。三越と伊勢丹が2008年に持ち株会社を設立したことを受け、一体感の醸成を目的に開催している。今回は三越銀座店(同中央区)や伊勢丹府中店(同府中市)も休業日を合わせ、大人数で楽しめる競技を増やした。大西社長は「今後は地方店からも参加してほしい」と期待した。

最終更新:8/24(水) 15:40

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。