ここから本文です

アンダーソンら 上位シード勢が揃って1回戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 8月24日(水)15時48分配信

ウィンストン・セーラム・オープン

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)は23日、シングルスの2回戦が行われ、K・アンダーソン(南アフリカ)、G・シモン(フランス)ら上位シード勢が揃って敗退となった。

世界ランク25位で第5シードのアンダーソンは同48位のJ・ヴェセリ(チェコ共和国)と対戦。
アンダーソンは1度もヴェセリのサービスをブレーク出来ず、6-7 (5-7), 4-6のストレートで敗れた。

また世界ランク32位で第7シードのシモンは同68位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)に6-7 (2-7), 1-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

ヴェセリは3回戦でA・クズネツォフ(ロシア)と、シュワルツマンはルー・イェンスン(台湾)と対戦する。

また、今大会に日本人男子は西岡良仁(日本)が予選を勝ち抜いて本戦に出場していたが、1回戦でJ・ミルマン(オーストラリア)にフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

今大会の上位シード勢は第1シードにガスケ、第2シードにR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第3シードにP・クエバス(ウルグアイ)、第4シードにS・ジョンソン(アメリカ)、第5シードにアンダーソン、第6シードにS・クエリー(アメリカ)、第7シードにシモン、第8シードにA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)となっている。

tennis365.net

最終更新:8月24日(水)15時48分

tennis365.net