ここから本文です

新日鉄住金・君津、廃プラ処理累計100万トン

日刊産業新聞 8月24日(水)11時25分配信

 新日鉄住金は23日、君津製鉄所におけるプラスチックのリサイクル量が2016年8月15日付で累計100万トンに達したと発表した。君津では00年秋から同リサイクルを開始しており、約16年で達成。累計処理量100万トンによる環境負荷削減効果はCO2削減が約320万トンで、埋め立て処分回避では約400万立方メートル。

最終更新:8月24日(水)11時25分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]