ここから本文です

名古屋の“監督代行”がクラブへの想いを語る「最初に小倉さんに感謝の意を表したい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/24(水) 17:10配信

「何とか変えたいと思ってここに来た」

名古屋グランパスで監督代行を務めることが決まったジュロヴスキー氏がクラブへの想いを語った。

小倉監督の休養、そしてジュロヴスキー“監督”の誕生が発表された23日のトレーニング終了後、ジュロヴスキー監督は就任会見に出席。2008年から2013年まで名古屋でアシスタントコーチを務めており、2010年にはリーグ制覇にも貢献した同氏は、会見で前任者とフロントへの感謝、さらに今後の意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

「グランパスに戻って来られて、嬉しいという一言ですが、まずは最初に小倉さんに感謝の意を表したいと思います。難しい状況の中、なかなか舵取りも上手く回らなかったと思います。こういう世界ですから、結果が良くない時はこんなことがあり得るということは、私も重々承知しています」

「それから、フロントの皆さんにも感謝したいと思います。私を信頼していただいたことで、このような役職に就くことができました。嬉しい気持ちもありますが、色々な感情が渦巻いています。監督として、これからグランパスを率いていくわけですが、過去に6年間このチームでお世話になりました。その時はストイコビッチ監督がいた時代でした。やはり私はこのクラブが好きですし、何とか変えたいと思ってここに来たつもりです」

新体制となった名古屋は次節、27日にホームでFC東京と対戦する。5月4日に行われた横浜F・マリノス戦以来、17試合勝利から遠ざかっている名古屋だが、新監督の初陣で115日ぶりの勝利を挙げることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/24(水) 17:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]