ここから本文です

【MLB】米メディアが早くも予想 2020年東京五輪の野球米国代表チームはこれだ!

Full-Count 8/24(水) 17:24配信

メジャーのシーズン真っ只中につき、実現の可能性は極めて低いが…

 熱戦と興奮が続いたリオ五輪が閉幕し、いよいよ目指すは2020年東京五輪となった。東京五輪では、ご存じのとおり野球が正式種目に復活。野球熱が世界に広がる一助となることが期待されている。そこで、南米ブラジルでの興奮がいまだ冷めやらぬ中、米スポーツ専門局ESPN公式サイトでは「2020年、全米代表がドリームチームを結成したら?」と題した特集記事を掲載。みんなが見たいドリームチームを結成している。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 来年3月に開催される第4回WBCと並び、国際大会が増えることは野球の国際化に向けて大きな意味を持つ。ただし、夏季五輪の会期は、メジャーをはじめ各国国内リーグの真っ最中。日本のNPBはシーズンの一時中断を前向きに検討しているが、MLB機構の反応は渋い。野球が正式種目だった最後の五輪、2008年北京五輪でも、米国代表は主に若手有望株や出場機会の少なくなったベテラン選手だった。

 だが、次回五輪は4年先。今はまだまだ空想を広げられる期間ということで、記事では4年後に考え得るドリームチームを結成し、打順オーダーも組んで発表している。ESPNの考えるドリームチームは次の通りだ。

○アメリカ代表ドリームチーム ※()内は現所属チームと4年後の年齢

1.右翼ムーキー・ベッツ(レッドソックス・27)
2.遊撃コーリー・シーガー(ドジャース・26)
3.中堅マイク・トラウト(エンゼルス・29)
4.三塁クリス・ブライアント(カブス・28)
5.左翼ブライス・ハーパー(ナショナルズ・27)
6.DHポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス・32)
7.一塁アンソニー・リゾ(カブス・31)
8.捕手バスター・ポージー(ジャイアンツ・33)
9.二塁トレア・ターナー(ナショナルズ・27)

控え野手:
捕手チャンス・シスコ(オリオールズ・25)
内野アレックス・ブレグマン(アストロズ・26)
三塁ノーラン・アレナド(ロッキーズ・29)
外野クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ・28)

投手陣:
クレイトン・カーショー(ドジャース・32)
マディソン・バムガーナー(ジャイアンツ・31)
ノア・シンダーガード(メッツ・27)
アーロン・サンチェス(ブルージェイズ・28)
マイケル・フルマー(タイガース・27)
ジョン・グレイ(ロッキーズ・28)
アレックス・レイエス(カージナルス・25)
デリン・ベタンセス(ヤンキース・32)
ザック・ブリトン(オリオールズ・32)
マイケル・コペック(レッドソックス・24)
ショーン・ニューコム(ブレーブス・27)

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 17:24

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革