ここから本文です

【MLB】前田、監督の信頼に応える主砲斬りで13勝目 「ケンタに仕留めてほしかった」

Full-Count 8/24(水) 18:49配信

同点に追いつかれた5回2死一、二塁、97球に達した前田に続投指令

 23日(日本時間24日)本拠地でのジャイアンツ戦で、5回で103球に達する苦しい投球ながら今季13勝目(7敗)を挙げたドジャース前田健太投手。今季自身最長となる5連勝を飾ったが、それ以上に地区首位を争う宿敵ジャイアンツに勝利したことが大きな意味を持った。チームで唯一の開幕ローテ生き残り右腕の粘りをロバーツ監督が絶賛したと、球団公式サイトが伝えている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ジャイアンツのエース左腕バムガーナーとの投げ合いで、打線が早々に2点の援護をくれた。だが3回、苦しい投球が目立った前田は、捕手グランダルとのコミュニケーション面でのすれ違いもあり、同点としてしまう。直後の攻撃で再び打線が1点を勝ち越すが、5回1死から2本の長短打で同点に。2死からクロフォードを敬遠し、一、二塁とした場面で、打席に迎えたのは長打もあるペンス。球数はすでに97球に達していたが、指揮官は前田続投を決めた。

 前田はペンスの打席で暴投し、2死二、三塁と自らピンチを広げたが、カウント2-2からの6球目、91マイル(約146キロ)の速球で見事に空振り三振に斬った。前田の期待に応える投球に、指揮官は信頼と称賛の言葉を送ったという。

「(ペンスは)彼が抑える打者だと思った」という指揮官の期待に応える

「5回にペンスを三振に斬った場面は(見ていて)楽しい流れだった。あそこはケンタにペンスを仕留めてほしかった。彼が抑えるべき打者だと思った」

 前田が何とか同点で凌いだ直後、ここでも打線が奮起して勝ち越しに成功。6回と8回にも追加点を奪い、結局は9-5で2位ジャイアンツを下し、ゲーム差を「2」に広げた。

 首位を堅守したものの、この日の試合前には、指にマメができた左腕アンダーソン、首の張りを訴えた左腕カズミアーが故障者リスト(DL)入り。怪我人続出のチームは、開幕ローテ入りしたメンバーで生き残ったのが前田1人という非常事態を迎えた。ペナントレースが佳境を迎えた今、チームにおける前田の存在は、さらに大きくなりそうだ。

【了】フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/24(水) 19:06

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています